臆病野州の最期

郡山合戦は始まるも、尼子方は中々毛利を倒す事が出来ず戦況は膠着。膠着状態が続くと味方の士気が下がっていくのが常。尼子軍の士気が下がっていく中、なんと大内方が毛利方に増援を出します。その上日和見状態だった他の国人衆らも毛利に加担した事もあって、尼子方は兵を引き上げる事にします。

しかしその撤退最中、大内方より背後を奇襲され尼子軍は大混乱。部隊は壊滅していき、晴久も窮地に立たされます。そんな中、尼子軍の一部隊が奇襲してきた大内方に突撃を開始しました。

「臆病野州の最期を見よ!」

その部隊を率いた人物こそ、臆病野州と誹られ、この戦に唯一反対し続けた尼子久幸の部隊でした。久幸はそのまま敵に突撃、大内の名のある家臣達を討ち取っていく猛攻を見せました。この久幸の奮戦により、尼子方の兵達は何とか退却をする事が出来たのです。

しかし大内相手に猛攻をかけ、尼子隊の撤退を支援するため戦い続けた久幸も、最後は毛利方の家臣・中原善右衛門尉に矢を射かけられて落馬し、討ち取られてしまいました。

臆病野州と謗りを受けた男の最後の戦は、尼子軍の誰よりも勇ましいもののふの戦であったと毛利方、大内方の敵からも称えられたものであったと言います。