誅殺事件の余波

反乱を企てた異母弟と、異母弟を担ぎ上げた者たちをことごとく誅殺していった元就。しかしこの事件は思わぬ余波を生んでしまう事になりました。

なんと謀反を企てた坂氏の一族で、長老格であった桂広澄が一族の責任を取って自害してしまったのです。彼は事件に直接関係はなく、元就も桂を止めたのですが自責の念か、それとも恥ゆえにか、桂は自害してしまいました。これがさらに思わぬ事態に発展しました。元就の命を聞かずに勝手に自害したことで、桂一族では粛清を受けるものと思い混んで嫡男の桂元澄を中心に一族で桂城に籠ってしまいました。一説には息子たちもまた自害せんという話まで出ていたようです。

これに驚いた元就は児玉就忠を遣わして説得しようと試みましたが、桂元澄は応じません。そして最終的に元就自らが桂城に単身乗り込み、元澄を説得して許したといいます。

この事は毛利家中に広く伝わったらしく、後に防芸引き分けの際に元就の息子・隆元が元澄に、元就にあの時命を助けられたのだから今こそその恩を返すべく元就が陶氏に加勢しに行くのを引きとめてほしいと要請しています。

しかし異母弟だけでなく家臣まで失ってしまうとは・・・何とも痛ましいというか、頭を抱える事態になってしまったのですね。