陶晴賢の諌書・前

聊か評判の良くない逸話を紹介してしまった陶晴賢ですが、空気を変える為に今回はまだ大内義隆在命時の逸話を一つご紹介しましょう。

晩年の大内義隆は学問や詩歌の良く出来る者、行儀の良い者、そして美形の者に多く知行を与えてばかりいて、逆に武勇の者には立身の機会がなくそれを恨みに思う者が多くいました。戦の役に立たない連中ばかりが取り立てられることを苦々しく思っていた陶晴賢は、書状にて主君を諌める事にしました。

『およそ、武士が主君に奉公する場合は八つの役があると言います。一に使役、二に番役、三に供役、四に賄役、五に普請役、六に頭役、七に奉行役、そして八に軍陣役。この八つを良く勤め、そして優れた人間に的確に恩賞を与える事こそ大将たる者の器量というものです。さてこの内七つの勤めの良し悪しを判断するのは、ごく簡単な事です。八つ目の軍陣役は、本音では惜しいはずの命を捨て、敵を退け国を守る最も大切な役です。それを良く成す者は、まさしく忠義の者であり、武家においては秘蔵すべきと言うほどの大切な人材であるのに、そう言う人々を無視しだた美しく風流な人々ばかりに大きな所領を与えるのは、武勇、智謀ある家臣たちの恨みを買うばかりではありませんか?一大事が起こった時、後悔しないよう、どうかお考えください』

やや武断よりの意見もありますが、戦国時代らしい誅書ですね。