雷神様の部下への接し方

さて今回は、雷神道雪公の日常の一コマをご紹介します。

ある日、豊後の臼杵の浜から大量の海産物が道雪公の元へと届けられました。この頃のベッキ家の人達は山城で暮らしていたので、特に海産物の到来は珍しく、嬉しかった事でしょう。道雪もまた喜び、家臣達を呼んでその海産物を見ていました。

「おお、耳白があるぞ。」

道雪が目を留めたのは蛤が盛られた台でした。耳白、という物は一体何なのか家臣が道雪に尋ねます。道雪は曰く、

「蛤の中でも形が美しく整って、真珠のように白いものを『耳白』と呼ぶのだ。この耳白は女子の遊びの貝合わせなどに用いるので、殻まで売り物になる。耳白を入れる用の桶まで他の桶とは違い、値が張るのだ。もちろん、耳白で無い蛤の殻は捨てられるのみ。人もこれと同じである。耳白を探すように注意深く見ていれば、才能が伺える者が必ずいる。そして取り上げられた者は耳白のようによき働きをするのだ。」

ここまでなら普通に薫陶の話、ですが道雪の話はここで終わりではありません。

「だが、人は貝ではない。耳白の殻のように上辺だけを磨くのではなく、心を磨く事が重要だ。一度武を志した者ならば、常にこうであろうとそれを貫く事が重要なのだ。例え今まで手柄の機会に恵まれなかったとしても、先人の事に慣れた者達の話などをよく聞いて実践すれば利巧とは言われても非難される事は無いぞ。それもまた、正当な立身出世の道なのだ。」

道雪の、普段からの人との接し方、自身のあり方が窺い知れる逸話でした。