馬場家家臣・薬王子隼人

さて前回、龍造寺家の少弐家、馬場家による誅殺事件とその顛末を説明しましたが、その中であったもう一つの逸話をご紹介しましょう。

龍造寺家の一族は同じく少弐家家臣による馬場頼周により誅殺――謀殺される事になりました。その馬場頼周の家臣である薬王子隼人のお話なのですが、主である馬場頼周の死に際に隼人は遠方に行っており、帰る前に主は龍造寺家の報復によりその命を亡くしておりました。主に死に際に間に合わなかった隼人はそのまま遠方で剃髪し、高野山に入って僧になってその死を弔う事にしました。

しかし実際には秘密裏に肥前に帰国。主の敵討ちの為に潜伏していました。

所がこの隼人の企みは露見してしまい、捕らわれた隼人は龍造寺家兼の前に引き出されてしまいます。ですがこの企みに関して家兼は「亡き主に忠義を尽くすのは天晴れである」と称賛して、隼人に自身に仕えてはくれないかと持ちかけます。ですが隼人の言い分はこうでした。

「一度は有り難くお仕えしても、仇討の心が無くなる事はないでしょう」

隼人はこの誘いを断ると、主の後を追うように切腹をしました。家兼はその振る舞いと潔さにますます感心し、隼人の幼い息子を召し出して食禄を与えたと言います。

薬王子隼人のみならず、龍造寺家兼の人柄も感じさせられる逸話です。この人がもっと長生きして龍造寺家に関わってくればまたその最後も違っていたのですが・・・仕方ないですね、この当時この人90歳近いですし