鹿之助と狼ノ介の一騎討ち・3

狼ノ介、品川大膳は強力の持ち主だと言う事は尼子家でも有名です。武器を捨てて組手にて力でねじ伏せようと言うのでしょう。しかし相手は尼子家の勇将山中鹿之助、これを受けながらもしっかりと対策は考えてあります。だてにドMとか言われてない

組み手にて決着をつけると決まった二人は馬を降ります。が、そこで素早く狼ノ介は鹿之助に飛びついて力任せに投げつけ上に乗りました。

「勝ったぞ!鹿之助、覚悟!」

「愚かなり狼ノ介!喰らえ!」

下になった鹿之助、すかさず隠し持っていた脇差を抜いて狼ノ介の腿を貫きました。突如襲った痛みに狼ノ介はひるみます。その隙を逃さず態勢を変えた鹿之助、見事狼ノ介の首を取ったのでした。

この話は後続にいた毛利本隊まで届いてしまい、

「我ら援軍も待たずに無様な一騎討ちを仕出かしおって。士気が下がるわ!」

と、本体は進軍をいったん留めてしまい、あわれ狼ノ介のいた益田隊はこの日の戦に大敗したとの話です。

そんな鹿之助と狼ノ介の一騎打ちにおける話ですが、最初にも書きました通りこの記述は尼子側のもの。毛利側の記述では「果敢にも一騎打ちを挑んだ狼ノ介に卑怯にも秋上が矢を射かけて邪魔をしたので、狼ノ介は奮戦したが敗れてしまった」となっています。

こんな風に一つの戦を二つの面から見る事が出来るのは中々面白いものがありますね。とりあえずこの戦で、山中鹿之助の名は大きく広まる事になったのでした。