龍造寺四天王の其其の最期の事

 

さて今回は五人そろって四天王でおなじみ、龍造寺四天王の各々の最期について明記していきましょう。

【龍造寺四天王の筆頭・成松信雄】

沖田畷の戦いでは主君・隆信の討ち死にを知ると、名乗りを上げ敵陣に切り込んで討ち死にしたと言われる。

【百人にも勝る武・百武賢兼】

龍造寺家中で武勇に優れる四人「両弾二島」の一人にも数えられる。沖田畷の戦いでは主君・隆信を守り、勇戦の果てに討死。

【鍋島家より直参・江里口信常】

沖田畷で主君・隆信が死ぬと、味方の死体から首を切り取って単身島津家の本陣へ潜入し、島津家久の太腿に刀傷を刻むも討ち取られた
家久には「無双の剛の者」と称され、一族の者がいれば召し抱えたいとまで言わしめた。

【名門千葉氏の出・円城寺信胤】

沖田畷で自陣が崩れると、龍造寺隆信を名乗り影武者となって隆信を逃がそうと奮戦。その後討死。

【遥々京か来た・木下昌直】

隆信の戦死を知り、山の手を攻めていた隆信の嫡男・政家、隆信の義弟・直茂の軍の殿を務めた。その際に討死したとも言われるし、逃げ延びたとも言われており生死が定かではない。

 

見ればわかるように、その全てが壮絶な討死をしています。龍造寺隆信は最期の非道さが目立ちますが、このように主の為に奮戦する部下がいたという事は、やはり優れていた大名だったという事なのでしょう。特に歴史上の人物は、ある一面だけ見て評価を下さないように注意したいものです。