大内義長と大内家の顛末・後

この杉重輔の行動に怒ったのが陶長房の叔父にあたる長門守護代の内藤隆世です。内部対立にうろたえる大内義長の仲介もどこ吹く風で両者はついに山口の町を舞台に市街戦に突入!激戦の末ようやく内藤が勝利を収めた頃には、栄華を極めた大内文化の中心地は焼け野原となってしまいました。盛者必衰とは言え、あんまりです

毛利への恭順姿勢を示していた杉重輔の死は、毛利元就の防長侵略にさらなる口実を与えてしまう結果に終わり、大内家中はますます動揺します。内藤氏においても毛利隆元の妻を姉に持つ内藤隆春が早々と大内を見限り、隆世ら大内派との分裂が発生してしまいます。
ついに長門の西端にまで追い詰められた内藤隆世は大内義長の助命を条件に切腹しましたが、義長の実兄である大友宗麟は大内氏秘蔵の茶器ばかりを所望して弟の命にまるっきり興味を示さなかったので(弟の命より土地と治める権利です)元就は約束をあっさり反故。約束は破る為にあるんだよ!

西国の名門・大内氏はこんなグダグダな顛末で滅亡に追い込まれたのでした。

その後、宗麟と元就の秘密の約束はあっさり元就に反故にされ、大友家と毛利家の争いになったのは皆さんご存知の通りです。

約束は破る為にあるんだよ!

 

大内義長と大内家の顛末・前

さて陶晴賢の死後、大内家もまた滅亡の一途を辿ることになるのですが、今回はその大内家の滅亡への顛末をご紹介していきましょう。

まず大寧寺の変により陶晴賢は主君・大内義隆を自刃させると、晴賢は大友宗麟の弟を「大内義長」として当主に据えました。もちろん、建前だけは主君であり、ただの傀儡当主です。こうして家中の実権を握った陶晴賢ですが、この体制はさほど長くは続きませんでした。

まず前々から仲の悪かった豊前守護代の杉重矩との対立が再び表面化。晴賢は合戦の末に重矩を長門にて滅ぼしましたが、今度は石見で吉見正頼が挙兵しました。これに呼応した毛利元就に散々翻弄されたあげく、安芸厳島でついに敗死したのは今までの記事でも何度も説明してきましたね。

さて晴賢の死後も大内義長は健在だったのですが傀儡当主の彼では家中をまとめきれず、毛利による急激な侵食に対処しきれずにいました。そんな折、杉重輔が陶氏の富田若山城に突如攻め入り、晴賢の嫡男である陶長房らを討ち取ってしまったのです。陶一族を滅ぼすことで父親の敵討ちと毛利との関係修復を同時に実現しようという意図のものでしたが、これは大内義長の関知していない勝手な独自行動でしかありませんでした。

 

陶氏との対立

天文20年、ご存知大寧寺の変により、大内義隆が家臣・陶晴賢の謀反によって打倒され、養子の大内義長が大内家の当主として担ぎ上げられます。この件、特に当主の交代は元就も同意見だったようで、前々から晴賢と誼を通じて佐東銀山城や桜尾城を占領し、その地域の支配権を掌握しました。そして謀反がなった後、晴賢は元就に安芸・備後の国人領主たちを取りまとめる権限を与えるなど、この時点では元就と晴賢はまだ好意的な関係にあったようです。

元就はこれを足がかりに勢力を拡大、安芸国内の大内義隆支持の国人衆を攻撃。平賀隆保の籠もる安芸頭崎城を陥落させ隆保を自刃に追い込み、平賀広相に平賀家の家督を相続させて事実上平賀氏を毛利氏の傘下におさめました。その後、1553年には尼子晴久の安芸への侵入を大内氏の家臣、江良房栄らとともに撃退しているなどしているところをみると、着実にその勢力と力は増していっています。これには晴賢も驚異を抱き、支配権の返上を要求しました。

当然ながら元就はこれを拒否。両者は徐々に関係が悪化していきます。

そこに石見の吉見正頼が隆房に叛旗を翻しました。晴賢の出陣依頼を受けた元就は当初は陶軍への参加を決めていたのですが、晴賢への不信感を募らせていた元就の嫡男・隆元の反対により出兵が取り止めに。隆元は人質時代に大内義長に手厚く饗されていたので、晴賢の謀反に不満を抱いていたのでしょう。(まぁ人質時代に隆元と元就の窮地を救ったのも晴賢なんですが・・・)

これにより二方の関係は最悪化し、後の争いにつながっていきます。

新着

大寧寺の変の後

さて大寧寺の変というクーデターの後、大内家の実権は首謀者であった陶晴賢が握っていく事になります。ここに実質的に戦国時代で、大内家は滅びました。

さて晴賢はまず、九州の大友家から新しい当主を迎えます。彼こそが大友宗麟の実弟にして大内義隆の姉の子(つまり大内義隆にとって甥)、大友晴英です。この時、当時まだ陶隆房だった彼は、大友晴英から一時賜って、晴賢を名乗っていきます。この改名は形式的なものと言われていますが、これは今までの大内義隆を主としていた大内家との決別と、新しい体制の大内家を率いていくという意味を込めてのものだったでしょう。

因みに大友晴英は後に大内義長と名前を改めます。そう、彼こそが大内家最後の当主、大内義長です。

さて名を改めた晴賢は大内家の文治体制を見直して、一気に武断政治へと転換を図りました。晴賢は再び大内家を盛り立てようとしていたのかもしれません。しかし既に、大内家は終わっていたのです。事実がどうあれ、対外的には大内義隆という人物は名君として通っていました。その義隆を討ち、大内家を我がものとした陶晴賢は大逆人として名が知れ渡っていき、遂に各地で豪族達が陶晴賢への不満を爆発させていったのです。

大友家との和睦

冠位を貰う事に成功した後の天文6年、1537年に大内義隆は室町幕府第12代将軍・足利義晴から幕政に加わるよう要請を受けて上洛を試みるましたが、山陰を統一して南下の動きを示していた尼子氏に阻まれてしまい、領国経営に専念するためにこれを断念しました。大内義隆は色々と京好みな逸話が色々と残っていますので、この上洛断念は惜しいものであったのかもしれません。そしてここからじわじわと名が挙がっていく尼子家・・・後のフラグにも見える

さて少弐家と共に北九州の覇権をかけて戦っていた大友家。此方との戦いには重臣の陶輿房が赴いていたようですが、此方も少弐家との戦い同じく大内家が破れる事になります。そして義隆は此方には婚姻政策で和睦しようとします。

この婚姻政策は見事成功し、1538年に先ほど名が出た12代将軍・足利義晴の仲介で大友家と大内家の和睦が成功します。嘉隆はこの時、姉を大友義鑑に出しました。そしてこの姉から生まれた甥が、後の大友宗麟と大内義長となるのです・・・。

この二人が後に大友家と大内家を巻き込んで(というと語弊がありますが)色々やってしまう事を考えるとこの婚姻政策はどうだったのか、と思ってしまいますがともあれ少弐家を滅ぼして大友家とも和睦した大内家、次なる敵は尼子です。

この全てが後の毛利の躍進につながっているとかこわい

元就「なんのことやら」

新着