大内義長と大内家の顛末・後

この杉重輔の行動に怒ったのが陶長房の叔父にあたる長門守護代の内藤隆世です。内部対立にうろたえる大内義長の仲介もどこ吹く風で両者はついに山口の町を舞台に市街戦に突入!激戦の末ようやく内藤が勝利を収めた頃には、栄華を極めた大内文化の中心地は焼け野原となってしまいました。盛者必衰とは言え、あんまりです

毛利への恭順姿勢を示していた杉重輔の死は、毛利元就の防長侵略にさらなる口実を与えてしまう結果に終わり、大内家中はますます動揺します。内藤氏においても毛利隆元の妻を姉に持つ内藤隆春が早々と大内を見限り、隆世ら大内派との分裂が発生してしまいます。
ついに長門の西端にまで追い詰められた内藤隆世は大内義長の助命を条件に切腹しましたが、義長の実兄である大友宗麟は大内氏秘蔵の茶器ばかりを所望して弟の命にまるっきり興味を示さなかったので(弟の命より土地と治める権利です)元就は約束をあっさり反故。約束は破る為にあるんだよ!

西国の名門・大内氏はこんなグダグダな顛末で滅亡に追い込まれたのでした。

その後、宗麟と元就の秘密の約束はあっさり元就に反故にされ、大友家と毛利家の争いになったのは皆さんご存知の通りです。

約束は破る為にあるんだよ!

 

大内義長と大内家の顛末・前

さて陶晴賢の死後、大内家もまた滅亡の一途を辿ることになるのですが、今回はその大内家の滅亡への顛末をご紹介していきましょう。

まず大寧寺の変により陶晴賢は主君・大内義隆を自刃させると、晴賢は大友宗麟の弟を「大内義長」として当主に据えました。もちろん、建前だけは主君であり、ただの傀儡当主です。こうして家中の実権を握った陶晴賢ですが、この体制はさほど長くは続きませんでした。

まず前々から仲の悪かった豊前守護代の杉重矩との対立が再び表面化。晴賢は合戦の末に重矩を長門にて滅ぼしましたが、今度は石見で吉見正頼が挙兵しました。これに呼応した毛利元就に散々翻弄されたあげく、安芸厳島でついに敗死したのは今までの記事でも何度も説明してきましたね。

さて晴賢の死後も大内義長は健在だったのですが傀儡当主の彼では家中をまとめきれず、毛利による急激な侵食に対処しきれずにいました。そんな折、杉重輔が陶氏の富田若山城に突如攻め入り、晴賢の嫡男である陶長房らを討ち取ってしまったのです。陶一族を滅ぼすことで父親の敵討ちと毛利との関係修復を同時に実現しようという意図のものでしたが、これは大内義長の関知していない勝手な独自行動でしかありませんでした。

 

大友家との和睦

冠位を貰う事に成功した後の天文6年、1537年に大内義隆は室町幕府第12代将軍・足利義晴から幕政に加わるよう要請を受けて上洛を試みるましたが、山陰を統一して南下の動きを示していた尼子氏に阻まれてしまい、領国経営に専念するためにこれを断念しました。大内義隆は色々と京好みな逸話が色々と残っていますので、この上洛断念は惜しいものであったのかもしれません。そしてここからじわじわと名が挙がっていく尼子家・・・後のフラグにも見える

さて少弐家と共に北九州の覇権をかけて戦っていた大友家。此方との戦いには重臣の陶輿房が赴いていたようですが、此方も少弐家との戦い同じく大内家が破れる事になります。そして義隆は此方には婚姻政策で和睦しようとします。

この婚姻政策は見事成功し、1538年に先ほど名が出た12代将軍・足利義晴の仲介で大友家と大内家の和睦が成功します。嘉隆はこの時、姉を大友義鑑に出しました。そしてこの姉から生まれた甥が、後の大友宗麟と大内義長となるのです・・・。

この二人が後に大友家と大内家を巻き込んで(というと語弊がありますが)色々やってしまう事を考えるとこの婚姻政策はどうだったのか、と思ってしまいますがともあれ少弐家を滅ぼして大友家とも和睦した大内家、次なる敵は尼子です。

この全てが後の毛利の躍進につながっているとかこわい

元就「なんのことやら」

新着

大友宗麟、頑張る

さて頼りの道雪もなくなってしまい、この時の大友家の状態は

大 ピ ン チ !

正にこれに尽きる。下からやって来るのはチート四兄弟の呼び名も高い島津家四兄弟とそれを取り囲む戦闘民族の優秀な家臣の皆さん。そこへやってきたのは後の豊臣秀吉こと羽柴秀吉。ここで大友宗麟、奮い立ちます!正直もっと早く奮い立て欲しかった

この頃秀吉は最早日の本の中央部分を支配しています。この秀吉に島津家との取り持ちを頼みました。これを受けた秀吉、大友家と和平を結ぶよう島津家に交渉を行います。が。

「秀吉とかどこの猿の骨だし」

「いきなり出て来て何様だっつーの」

「つーかチクってんじゃねーよ大友マジ〆る」

「いくさ!いくさ!いくさぁああああ!!!!」

※あくまでイメージでお送りしています。

島津家は大友家との和平を拒否します。だからと言って単独で島津家とぶつかっては敗北必死。大友宗麟は京に上がって秀吉と謁見。この際に南蛮渡来の貢物などをして秀吉のご機嫌を取り、大友家に味方して島津家と戦ってくれるように頼みこみました。貢物に気を良くしたのか、秀吉はこれを承諾。こうして秀吉の九州討伐が始まります。

ここからの戦は大友家VS島津家だけではなく、豊臣家VS島津家となっていくのでした。

九州

宗像氏と恨みの怨念8

折角比叡山から高僧を呼んだのに祈祷は失敗に終わり、それ以降も度重なる不運に氏貞は何度も山田の局達の慰霊に努めます。「親の因果が子に報い」とは言いますが、氏貞自身は与り知らぬ事なのにこんな事になってしまうとは不運ですね。母親も息子の為に良かれと思ってした事が(結構な悪意と嫉妬も見え隠れしますが・・・)、返って息子を苦しめるとは思っていなかったのでしょう。その後の慰霊も、どれも上手くは行かなかったようです。

これより以後、宗像家は段々と傾き始めていきます。宗像家譜代の重臣達は誰もが病にかかったり、謎の発狂をしたり、はたまた討死してしまったりとその全てが氏貞の代の内に耐え果てました。

同時に勢力を伸ばす大友家に従う事になった氏貞は、豊後三老と呼ばれる臼杵鑑速の娘であり、大友宗麟の養女となった女性を妻に迎え入れて、そして妹のお色の方は立花道雪の側室になりました。この縁組はもちろん同盟の為であり、側室というよりは人質のような状態であったのでしょう。お色の方も家の為に嫁ぎました。また氏貞はこの時家臣の一人を同盟の条件として殺害しています。これは苦渋の判断であったのか、その遺児達を宗像の一族と同じ扱いをして取り立てています。

しかしこの時同盟の婚姻時、兄の氏貞がお色の方の化粧料として立花家に贈った西郷・若宮の領地が悲劇の発端となってしまうのでした。

立花道雪の主君への誅言

さてフロイス日本史では立花道雪はキリシタンを好んでいないとありましたが、道雪自身は宗教についてどのように考えていたのでしょうか。これについても読み取れるのが、道雪が主君・大友宗麟へ送った誅言状です。

『今の豊後の有様は、殿が無道のみをなされた結果、天罰をうけ近年では戦に勝利出来ず、
評判は地に落ち窮地に陥っております。殿のなさりようは他国からも批判を受け、犬を打って遊んでいるような童までこれを嘲っているとのことです。筑前の秋月氏の領内では大友の「無道」を十ヶ条に書き上げ、領内のみならず隣国にまで触れ回っているそうです。そこには大友領内の老若男女がキリシタンとなって寺社を破壊し、仏神を川に流し、また薪にし、寺社の所領を没収して他の人間へ給与しているなどと書かれていると承っております。口幅ったい事のようですが、日本の武士は源平以来、仏神の加護を祈って正義に基づき戦ってきたとされています。同時に、神社仏寺を尊ぶことを専らにせよとも教えられてきました。日本は一般に神国といいます。ご存知でしょうがこの「神国」とは、すべての神仏を尊重する国、ということです。どうか、善悪についても、君臣の関係においても、そしてご信心においても、排他的な考えを持って道理と天道に背かれるような事をなさらないようにして下さい。それこそが大切な事のでございます』

道雪の主君への思いが感じられる文章ですが、特に太字のあたりをご覧ください。この辺りは現代にも通じる教えですね。日本は無宗教、とも言われますが、神国とは本来こう言う意味なのでしょう。

因みにこの当時、文面に書かれたような事は行なわれていました。他の領内でも、キリシタン大名の所では宣教師による指導の元で、領内で寺社の破壊、仏像、神像の破却、領民の強制改宗、従わないものの領外への追放処分、他宗派への破壊、冒涜、迫害行為が行なわれていました。ここまで来ると恐ろしいものがありますね。ここまでは現代ではないと思いますが、私達ももう一度宗教について考える事も大事なのかもしれません。

現代にも通じる、人が宗教を行う上での大事な心づもりが伝わる文章でもあります。

猫尾城攻め時の大友家の状況とまとめ

「自分達が攻めあぐねている時に援軍に来た立花道雪と高橋紹運が大活躍で落とせなかった城をどんどん落としていった。活躍できなくておもしろくないから帰る」

子供か。と言いたくなる状況、この時筑後も大変でしたが、道雪らがいた筑前もまた周囲が敵だらけで忙しく、この時道雪の年は72才・・・無理を重ねてきたのにその仕打ちはないだろう大人になろうぜ・・・

さてこの時の立花・高橋の行動をまとめたものがこちらです。

出陣の命を受け直ちに兵を動員。8月14日に太宰府に集結軍議。

18日:夜半から太宰府から筑後川を渡り耳納山を越え、道中敵地だらけの15里先の黒木領に向かう

19日:夕方黒木領に進入し、猫尾の支城高牟礼城前の山上で雨風激しく陣中を吹き濡らす中、両将は夜を徹して見回り兵を慰労し野営

20日:豊後諸将に到着を通達。内容工作を進める

24日:高牟礼城を内容にて降し、犬尾城主も降し、 そのまま佐賀勢を排除する

28日:城島、大川の部落を焼き払い、また八女黒木に戻り猫尾城攻撃再開

9月5日:黒木家永自刃

8日:陣を西に移して八女山下城を攻撃

11日:山下城、講和を望み降る。そのまま柳川城及び周辺を攻めるも苦戦

10月3日:一度留米高良山に移陣する。途中秋月他高良山より東側甘木辺りまでの敵方の領内を荒らしつつ進むが、柳川方面攻略はほぼ膠着状態になる。仕方ないので高良山から麓平野部で筑後川に面する北野村一帯に布陣。そのまま年を越す

何という戦に次ぐ戦。

そしてその年末の中、宗麟の息子達と若い豊後勢が「活躍しすぎ!つまんない!」と陣を引き払って帰ってしまう。これは嘆かれても仕方がない。(但し一応補足として、秋月勢が本国を狙っていたので撤退したという話もあります)

因みに道雪は翌年、6月初めに陣中で発病し9月11日に陣中でその73歳の生涯を閉じる事になるのでした・・・。

 

まさかの総大将の撤退

城を落とせないまま1ヶ月が過ぎます。流石に業を煮やしたのか大友宗麟は大友軍の名将、立花道雪・高橋紹運に出陣を要請、これにより猫尾城攻めの形勢は一気に逆転します。

両将は筑前より一直線に猫尾城へ進軍、立ちふさがる竜造寺・秋月連合軍を片っ端から蹴散らしていき、龍造寺から派遣された増援軍も激戦の末に破ります。(但しこの激戦で道雪の弟・戸次次右衛門らが戦死・・・)、到着するや否やすぐさま猫尾城攻略開始。そしてこの猫尾城もすぐに落城。城主・黒木家永はなんと13歳の娘に介錯され自害しました。

その後も山下・谷川・辺春・兼松・鷹尾などいくつもの城を攻略していく。正に大友家風神・雷神の電撃戦。だが龍造寺も更なる援軍を出してきており、柳川城で戦線は膠着するのだ、が。

その柳川の退陣中、総大将副将の田原親家・親盛の大友宗麟の息子達が撤退。そのまま豊後まで引き上げていきました。この時の理由が、

「自分達が頑張っても手柄は全部道雪と紹運のものじゃん。これじゃおもしろくない」

・・・・見ているだけで目眩がしてきますが、これを陣中で聞いた道雪もまた、いやそれ以上に衝撃が凄かったでしょう。流石の中心道雪もこれには「豊後も此処まで落ちぶれたか」と涙を流したと言います。

 

 

九州

大友家の状況・・・

さて大友家の話に移りましょう。耳川の戦いの後、大友家は衰退の一途をたどっていました。島津家に敗北しただけでなく歴戦の名将達も数多く失ってしまった事もあり、龍造寺や今だ家の再興を狙う秋月勢に寝返る国人達が続出。そんな中、大友方に残った数少ない者の一人である問註所統景から大友家に援軍要請が入ります。

今こそ大友家の威光を回復する時と、宗麟の次男・田原親家と三男の親盛を大将と副大将に据えて約七千人の軍勢が筑後に向かっていきます。が、人間そう簡単にうまくいかない。

初戦の猫尾城攻略戦から苦戦した大友軍。この時猫尾城を守護していた黒木氏には既に龍造寺家からの援軍が到着しており、鉄砲隊が激しい攻勢をかけてくる。何とか城を落そうとするも、この援軍の攻撃を防ぎきれずどうしようもない。この時、実は大友家にはまだ耳川の戦いの敗北が後を引いていたのです。

耳川の戦いで数多くの歴戦の武将達が死んでしまい、この時の大友軍は総大将と副大将を始め、若い武将達ばかりなのでした。対して龍造寺家は当主である隆信は討ち取られたものの、まだ鍋島直茂がその後を引き継いで奮戦し、各地に檄と命令を飛ばしていました。これに若い武将達だけでは対抗しきれなかったのでしょう。攻めあぐねたまま、無情に時ばかりが過ぎていきます。

九州

伊東義祐のその後

さて大友家の日向侵攻は失敗に終わるどころか、目を疑う程に散々な結果に終わりました。ここで少し思い出して貰いたいのが伊東義祐、日向の地を島津に追われ、大友家を頼ってきていた人物ですね。彼のその後がどうなったのかを少しご紹介しておきましょう。

日向の地を奪われた伊東義祐は大友宗麟を頼って豊後まで落ち伸びました。この時、大友宗麟により国東部に屋敷を与えられるなどして大友家内で丁重な扱いをされていたようです。その後、宗麟は伊東義祐の日向奪還のため(と自分の野望の為)耳川の戦いを起こします。

ですが、耳川の戦いは散々な結果に終わります。負け戦だったばかりか、大友家中の有力家臣も何名も失う程の被害が出ました。これにより、伊東義祐への扱いは変わっていきます。この時の大友家や領内の人から見れば、大友家を島津家との戦いに巻き込んだ元凶のように思っていたのでしょう。そんなある日に伊東家の屋敷の前に落首の書かれた札が立っていました。

『のみしらみ 鼠となりて三位殿 田原の下を這い回りけり』

三位殿とは伊東義祐の事です。この落首に誇りを傷つけられた伊東義祐はその後、僅かな家臣と共に豊後の地を去り伊予へと渡ります。その後は各地を放浪し、晩年を流浪の元過ごしました。彼は死ぬまで再び日向の地を踏む事はなかったそうです。

もちろん大友宗麟もキリシタン王国の健立という野心あって日向侵攻をしたのですが、当時国東や臼杵、宇佐辺りは仏教が盛んで反キリシタンが多かったのもあって伊東義祐へ半ば逆恨みでこのような振る舞いに出たのでしょうね。そんな伊東義祐の晩年と、耳川のその後でした。