毛利隆元と赤川元保・後

さてこの隆元急死を陣中で聞いた元就は嘆き悲しみましたが、同時に元保に下関の防備を命じ、尼子攻めに加わる事を許しませんでした。元就は隆元は暗殺されていたと考えており、元保と和智誠春こそがその首謀者だと考えていたからです。

時は流れて永禄十、長年の宿敵尼子氏を降伏させ一段落ついていた元就は四年越しに
隆元の死に関して動くことになります。

まず三月三日、元保に隆元頓死の責任を取らせ切腹を命じました。確たる証拠がなかったためか元保を自害させることには家中から反発はあったようですが、元就は「向こうが警戒しているのだからこちらが先に動かねば家の大事になる」と言って取り合おうとはしませんでした。更に元保の養子・又五郎と元保の弟・元久の住居を襲撃し二人を討ち取ります。そして出雲遠征には従軍を許されていた和智誠春とその弟を問答無用で捕え、厳島神社傍に監禁。二人は脱走して厳島神社に立てこもったので、元就は翌年、兵を向けて厳重に神社を囲った上でこの兄弟を討ち取りました。こうして元就による四年越しの復讐劇は終わりを迎えます。

しかしこの後、元就は元保が隆元に対して和智氏からの誘いを断るよう強く反対していた事を知ります。自らの過ちを悟った元就は輝元と連名で元保の甥に詫びの書状を送ると共に、赤川家の再興を許したのでした。

・・・・どうも息子の死にかこつけ、発言力の強くなりすぎた家臣を粛清したと考えるのは、疑いすぎですかね?

 

毛利隆元と赤川元保・前

さて毛利隆元の急死につきましては、こんな逸話が残っています。

毛利家中に赤川元保という男がいます。生まれ年は伝わっていないのですが、元就が毛利家当主を継ぐ際に出した起請文に署名している事から、おそらく元就と同世代かそれより上だろうと思われます。長らく元就の直臣として仕えていた元保は、隆元が当主となった後は隆元付きとなりました。

毛利家で五奉行制度が始まると、元保は五奉行筆頭となり隆元派として幅を利かせ、
他の重臣で元就派の桂氏や児玉氏と諍いを起こすまでに隆元に入れ込んでいました。そんな家中きっての隆元派だった元保だが、主・隆元とは決していい関係ではなかったようで、隆元は書状で何度も元保について愚痴をこぼしています。

曰く、「赤左(元保)は思案無き者で傲慢な振る舞いが多い」とのこと・・・・。

元保がこの隆元の愚痴を察していたかどうかは分かりませんが、この主従には微妙な温度差があったものと思われます。

そして、永禄六年八月三日のこと。出雲遠征に向かう途中、佐々部の地に滞在していた隆元のところに地元の城主、和智誠春から饗応の誘いがありました。出立を控えた時期に饗応などと元保は強く反対するも、日ごろから元保の言を疎ましく思っていた隆元は元保の意見を聞き入れる事はありませんでした。予定通り和智氏の館で饗応を受け帰路についたその時、隆元が突然苦しみ出します。傍にいた者達は慌てて医者を呼ぶも、介抱虚しく八月四日の早朝、隆元は息を引き取りました。