大内義長と大内家の顛末・前

さて陶晴賢の死後、大内家もまた滅亡の一途を辿ることになるのですが、今回はその大内家の滅亡への顛末をご紹介していきましょう。

まず大寧寺の変により陶晴賢は主君・大内義隆を自刃させると、晴賢は大友宗麟の弟を「大内義長」として当主に据えました。もちろん、建前だけは主君であり、ただの傀儡当主です。こうして家中の実権を握った陶晴賢ですが、この体制はさほど長くは続きませんでした。

まず前々から仲の悪かった豊前守護代の杉重矩との対立が再び表面化。晴賢は合戦の末に重矩を長門にて滅ぼしましたが、今度は石見で吉見正頼が挙兵しました。これに呼応した毛利元就に散々翻弄されたあげく、安芸厳島でついに敗死したのは今までの記事でも何度も説明してきましたね。

さて晴賢の死後も大内義長は健在だったのですが傀儡当主の彼では家中をまとめきれず、毛利による急激な侵食に対処しきれずにいました。そんな折、杉重輔が陶氏の富田若山城に突如攻め入り、晴賢の嫡男である陶長房らを討ち取ってしまったのです。陶一族を滅ぼすことで父親の敵討ちと毛利との関係修復を同時に実現しようという意図のものでしたが、これは大内義長の関知していない勝手な独自行動でしかありませんでした。

 

小早川隆景、大胆にも

今回は陶晴賢と毛利家の戦いにおける、小早川隆景の大胆エピソードをご紹介します。

弘治元年(1555年)、陶晴賢は大軍を率いて毛利方の宮尾城を攻め落とそうとしてしていました。実はこの城は元就が晴賢をおびき出そうと厳島に建てた囮の城であり、彼の考えた策には絶対に必要な城でした。なので、

「必ず勝機はあるからなんとか三日持ちこたえてほしい」

と城を守る兵に伝えたい元就でしたが、連絡手段がありません。そこに進み出たのが三男・隆景。彼は

「小舟が一艘、陶方の船にまぎれて往来しております。おそらく鳩ヶ浦に暮らす漁夫でしょう。この漁夫を利用すれば城方と連絡がとれるかもしれません」

と言い、元就は隆景に任せることにしました。

隆景は漁夫の舟が陸に着くのを待ち、「何のために往来しているのか」と聞きました。漁夫は「戦があろうとなかろうと我らは漁をして魚を売らなければ生きていけません」と答えます。これを聞いた隆景は漁夫の魚を全て買い取り、そのほかに金を渡して宮尾城に運んでほしいと頼み込みました。

これを漁夫は承知し、隆景は家臣二人を連れて魚を入れる船底に潜り込み、息を殺して海を渡り無事に宮尾城にたどり着く事が出来ました。隆景の到着に宮尾城を守る兵士は大いに喜び「必ず援軍はあるから三日持ちこたえよ」という元就の言伝にたちまち士気を上げました。

その後、隆景はまた船底に隠れて城から脱出したそうです。

毛利家三男隆景の大胆な入城、脱出エピソードです。

陶晴賢の首実検

今回は厳島合戦終了後の、陶晴賢の首実検に関しての逸話です。晴賢の首に関しては以前にもご説明しましたが、その後の扱いについてのお話です。

厳島の合戦も終わり、敗軍の将・陶晴賢の御首は公卿衝重に据えられ、これに諸城の諸組の頭たちが左右に並びただただ畏まっている中。毛利元就、隆元親子は鎧を召して、床几に腰を据えます。その左右に平佐源三郎が太刀を持って控え、その前方に回神藤十郎が弓矢を持って控えていました。

元就の右やや前にて陣貝を膝に乗せるのは、市川式部少輔。市川の右手には太鼓があり、赤川十郎左衛門がバチを手にして畏まり、また床几の右手には、粟屋孫次郎が手拭を扇に乗せて待機。その少し前に秋山隼人が御団を持って膝をついているという、物々しい雰囲気の首実検でした。

元就は床几から立ち、鞭を手にとると、

「貴殿が義隆公に叛逆したのが悪かったのだ。これも天命、恨むなよ」

と言って、

ぺーん、ぺーん、ぺーん、

と三度、陶晴賢の首に向けて鞭を振り下ろしました。その後公卿衝重から首を引きずり落とし、「拾いおけ」とそれを陣僧に拾わせました。たとえ死んでも敵将は敵将であった、と思わせられる話です。

あえてひとつ突っ込むならば、お前も一緒に裏切ったんとちゃうんか、というところでしょうかね。

 

厳島合戦と琵琶法師・後

さていい情報を得たぞ早速報告しなきゃ!となった琵琶法師はこれを陶晴賢に報告。しかし全てが元就の「計算通り」。

数に劣る毛利軍は険しい山で形成された厳島に陶軍を誘い込み、数の優劣を無くした上で敵の船を焼き、退路を断って決戦することを狙ったのでした。

琵琶法師からの情報を受け取った陶晴賢は直前にも、毛利家老・桂元澄から内応の手紙(これももちろん嘘)を受け取っており、厳島に渡ることを決めて弘治元年(1555年)10月2~3万の大軍で厳島へ渡海してしまいます。この時かの名将・弘中隆包が厳島への渡海を反対したのですが、琵琶法師からの偽情報があったため信用してもらえず、却下されたと言います。

その戦の結果は皆さんご存知のとおり。陶軍総大将・陶晴賢討ち死、弘中隆包親子も討ち死、陶軍は約5000人の死者を出して、毛利軍の大勝利に終わりました。

さてここで気になる例の琵琶法師ですが、

「いやあお前ののおかげでわしは長年の思いを遂げることが出来たからのぉ。褒美に塩(死を)くれちゃるわ、ありがたく飲め!!!!!」
「えっ?」(ざばーん)

開戦直前に元就に海に沈められたそうである。めでたしめでたし。

しかし死をくれてやるというのは源義朝の「美濃尾張(身の終わり)をくれてやる」になんだか似ていますね!蛇足!

厳島合戦と琵琶法師・前

話が少し先走ってしまいましたが、厳島合戦の話に戻りましょう。

元就が座頭衆と言う琵琶法師の集団を組織していたのは前にもご紹介しましたが、陶晴賢もまた、一人の琵琶法師を間諜として元就の元に送り込んでいました。この琵琶法師は元就に気に入られ、様々な情報を陶側に流したため、元就側の情報は陶に筒抜けとなってしまっていました。

しかし、周辺に間諜が入り込んだことに気づいた元就は先に迎えたその琵琶法師が怪しいと気づき、逆にその法師を利用して偽の情報を敵側に流すことにしました。

先ず陶配下で堅城、岩国城城主の永来丹後守がこちらに内通した。と、偽の情報をかの法師から陶晴賢に流した上に更に岩国へその物証となる偽の書状を送り、それをあえて陶側に奪われるよう手配しました。自らの間諜からの情報と元就の偽手紙に引っかかった陶晴賢は激怒して名将としても知られる永来丹後守を殺害してしまいます。

計画が成功した元就は更にその法師を自分の側近として厳島合戦直前の軍議にも参加させました。そこで元就、

「陶軍に厳島に渡られると困るなー、厳島に作った城はすっごくちっちゃいし、制海権取られて海から攻撃されるし困るなー」

「陸路で草津・廿日市に攻めてくるなら岩国の弘中隆包がうちに寝返ってくれるから、助かるんだけどなー」

と言いました。モチのロン、全部嘘です。

陶氏との対立

天文20年、ご存知大寧寺の変により、大内義隆が家臣・陶晴賢の謀反によって打倒され、養子の大内義長が大内家の当主として担ぎ上げられます。この件、特に当主の交代は元就も同意見だったようで、前々から晴賢と誼を通じて佐東銀山城や桜尾城を占領し、その地域の支配権を掌握しました。そして謀反がなった後、晴賢は元就に安芸・備後の国人領主たちを取りまとめる権限を与えるなど、この時点では元就と晴賢はまだ好意的な関係にあったようです。

元就はこれを足がかりに勢力を拡大、安芸国内の大内義隆支持の国人衆を攻撃。平賀隆保の籠もる安芸頭崎城を陥落させ隆保を自刃に追い込み、平賀広相に平賀家の家督を相続させて事実上平賀氏を毛利氏の傘下におさめました。その後、1553年には尼子晴久の安芸への侵入を大内氏の家臣、江良房栄らとともに撃退しているなどしているところをみると、着実にその勢力と力は増していっています。これには晴賢も驚異を抱き、支配権の返上を要求しました。

当然ながら元就はこれを拒否。両者は徐々に関係が悪化していきます。

そこに石見の吉見正頼が隆房に叛旗を翻しました。晴賢の出陣依頼を受けた元就は当初は陶軍への参加を決めていたのですが、晴賢への不信感を募らせていた元就の嫡男・隆元の反対により出兵が取り止めに。隆元は人質時代に大内義長に手厚く饗されていたので、晴賢の謀反に不満を抱いていたのでしょう。(まぁ人質時代に隆元と元就の窮地を救ったのも晴賢なんですが・・・)

これにより二方の関係は最悪化し、後の争いにつながっていきます。

新着

毛利両川体制

さて吉川元春の話が続きましたが父親である毛利元就に話を戻しましょう。策謀を重ねて、次男・元春に吉川家を継がせることに成功した元就。その一方で小早川家の相続問題で、当主・小早川繁平がまだ幼いこと、盲目であったことを理由に繁平を出家させるなどして三男・隆景に小早川家を継がせるように取り計らいます。

これにより元就は小早川氏の水軍を手に入れ、また以後に「毛利両川体制」と呼ばれる毛利家の補佐体制を確立、そして安芸・石見に勢力を持つ吉川氏と、安芸・備後・瀬戸内海に勢力を持つ小早川氏両家の勢力を取り込んだことによって、安芸一国の支配権をほぼ掌中にしたのでした。さあ、毛利家はこれからどんどんとその勢いを増していきます。

しかし天文18年2月、元春と隆景を伴い山口へ下向しました。この時元就はこの山口滞在中に病気にかかったようで、そのため逗留が3カ月近くまで伸びて、吉田に帰国したのは5月になってからでした。この頃の山口大内家は、主君の大内義隆の戦嫌いが加速し、陶晴賢ら武断派と文治派の対立が激しくなっていましたので、元就も病床の床にありながらも大内家の行く末を懸念していたのかもしれません・・・・。

因みにこの時元就を看病した井上光俊は元就への献身的な看病を感謝され、嫡男・隆元からお礼の書状を貰っています。この事が彼の身を助ける結果となるのは、また後日です。

新着

吉川元春と陶晴賢

さて吉川興経の話にも、吉川元春の舅になった熊谷信直が出てきましたね。婚姻政策により元春の味方になってくれたのです。そんな元春ですが、実は意外な人物とつながりがあります。実は元春は陶晴賢と義兄弟の契りを交わしているのです。今回はその義兄弟のいきさつについて解説していくことにしましょう。

さてそれは毛利父子が山口に来ていた時のことです。大内家家臣の相良武任が大内義隆に提案したのが始まりでした。

「義隆様、毛利元就は元々は尼子に仕えていました。毛利元就は優秀な人材で、稀有な人物です。なので再び元就が尼子になびかないようにしておいた方がよいでしょう。そこでご相談なのですが嫡子の隆元に関してですが、内藤興盛の娘なら義隆様に血筋も近いので養女に迎えて隆元と婚姻契約を結びましょう。そして次男の元春は元就と並び立つ良将の器だと評判です。ですのでこちらはの陶隆房(晴賢)と元春を義兄弟にしてしまいましょう。隆房も勇猛さでは西国一、あの二人に先陣を任せればかの蒙古の堅陣だとて大内家の敵ではございません!」

これを聞き入れた義隆は早速元就を呼んでこれを伝えると、元就もこの提案を大いに喜びました。要するに大内の毛利つなぎとめ政策の一環として元春と晴賢は義兄弟になったのです。なんともこれは・・・・義兄弟とはもっとロマンがあるものかと思っていましたが、現実的な理由があったのですね。

元春と晴賢、義兄弟にさせられる、という話でした。

聡明だった徳寿丸

さて望まれて小早川家へ養子に行くことになった徳寿丸。ここからは元服した時の名前、よく知られている小早川隆景の名前で表記しましょうか。この小早川隆景は聡明な人物で有名ですが、その聡明さは幼い頃から人より抜きん出ていたようです。今回はその逸話をご紹介しましょう。

隆景は13歳で人質として大内氏に行き、そこで人質として三年を過ごして帰ってきたが、その際に父の毛利元就にこのように報告したといいます。

「大内氏は必ず滅亡するに違いありません。なぜならば大内義隆の贅沢は度を外れていて、政治も自ら行わず家臣の陶晴賢は諌言を尽くして、ついには義隆の意に反するようになりました。そこへ相良武任という者が義隆に阿諛追従して、晴賢を讒言しました。なので群臣は皆義隆を嫌い、武任を憎み、晴賢に心を寄せる者が多くなっています。主君が晴賢を疎んじ、家臣一同が晴賢に帰服しているような状況ですから、陶が兵をあげるのは時間の問題でしょう。」

元就はこれを聞いて息子の言葉に深く頷いたといいます。この後は隆景の言った通りのようになるのですが、朝鮮出兵のことといい隆景には先を見通す力でもあったのでしょうかと言いたくなりますね。

小早川隆景、幼い頃から聡明だったことがわかる逸話です。

陶氏の最期・後

これを聞いた鶴寿丸、少しほっとしたのか問いかけました。

「そうか。そこにはふねでゆくのか?それともうまでゆくのか?」

「どちらでも。舟ならば彼岸への渡し舟が、馬ならば馬頭観音が馬となられてお迎えに来てくれます。ただその時には敵が太刀を並べて参り、私も太刀で若様を打ちまする。そこで少しも恐れず、笑っておれば父上様方に会いに行けましょう。もし心残り等して泣いてしまえば地獄と申す所へ行き、赤鬼青鬼どもの責め苦を味わい、父上様方に会えませぬ。その上世人は後々まで『あれが陶入道の子か』と笑うでしょう。」

「そうか。ちちうえにあえるのならばなんでこわがるものか。さぁはよう、ご主君のもとへまいろうぞ。」

その言葉に流石の房忠も涙を抑えきれず、遂にその目から涙が零れました。

「・・・?房忠、なぜないておるのじゃ?主君のおともをして人にもほめられるのに、なにがかなしいのだ?・・・・・そうか、わしは、しぬのじゃな。いやじゃ!ははうえや、うばとはなれてしぬのはいやじゃ!」

その涙に意味する所に気付いた鶴寿丸は泣き出してしまいました。しかしすぐにはっとして涙を拭うと、

「房忠!いまはこうでも長府へまいれば、かなしみもなきもせぬ!こころやすくおもえ!」

と言って顔を赤くしながらも、房忠の隣に立ちました。長府で義長と合流した鶴寿丸は見事に殉死を遂げ、介錯をした房忠も腹十文字に切って後を追ったといいます。

陶氏の、西国一の侍大将の血は確かに鶴寿丸に受け継がれていたのでしょう。