そして運命の変が起きる

政治を顧みなくなった当主に当然ながら家臣達の不満は募り、遂に大内家に、大内義隆に運命の時が来てしまいます。

天文20年、1551年の8月の末。義隆と険悪な関係にあった武断派の陶隆房が遂に謀反の兵を挙げました。このクーデターは重臣であった内藤興盛も黙認し、義隆を救援することはなかったといいます。知らぬ内に、これほどまでに家臣らの心は義隆から離れていたのです。

義隆は親族である津和野の吉見正頼を頼ろうとしますが暴風雨のために身動きがとれず、長門深川の大寧寺までたどり着くとそこで立て籠もりました。この時に義隆に従っていた重臣の冷泉隆豊が目覚ましい奮戦をしますが、所詮は多勢に無勢。最後は義隆はこの隆豊の介錯で自害しますた。享年45歳。

辞世の句は

討つ者も 討たるる者も 諸ともに 如露亦如電 応作如是観

と伝わっています。

その後、義隆の実子の大内義尊も9月2日に陶軍に捕らえられて殺害されました。この義隆・義尊の死により周防大内氏は事実上滅亡しました。またこの時、周防に滞在していた左大臣三条公頼をはじめとする多くの公家達も、この謀反に巻き込まれ殺害されたと言います。特に義隆の側室であったおさいの方の父・大宮伊治はこれまでの事もあって真っ先に殺害されたと言われています。

此処に、西の京を築いた大内家は滅んだのでした。この戦こそ、後の世で大寧寺の変と呼ばれる戦です。