元就、一度目の隠居と吉川家へののっとり画策

愛妻・妙玖夫人を亡くした元就は隠居を決意。嫡男・隆元に毛利家の当主の座を譲ります。しかしこの時の隠居は形式だけのようなものであり、自分を毛利・吉川・小早川の上に立ついわゆる「大御所」として位上げしたようなものであったと言われています。この後も隠居とは仮のもので、毛利家の実権は元就自身が握っていたようです。

さて元就はここで妻・妙玖の実家である吉川家へ次男・元春を送り込みます。

当時吉川家当主だった吉川興経は新参の家臣団を重用していたために吉川経世ら一族や重鎮と対立が激しく、家中の統制ができなくなっていました。そこで反興経派は元就に、吉川国経の外孫に当たる次男・元春を吉川氏に養子にしたいと申し出たのです。これを元就は初め元春は子の無かった異母弟・北就勝の養子にする約束があるからと断ったのですが、吉川家の再三の要求に応じて元春を養子に出しました。この時に元就の頭に以後の両川政策があったかは不明です。

一方、吉川家当主の吉川興経は家臣団によって強制的に隠居させられていました。興経は吉川家家臣団との約束で吉川氏の領内に隠居させる予定だったのですが、元就は興経派らの動きを封じるため興経を深川に移しました。それでも興経派への警戒を怠らない元就は、吉川家の当主となった元春をなかなか吉川家の本城へ送ろうとはしませんでした。