厳島の戦い

さて有名な厳島の戦いが開始されました。陶晴賢自身も厳島に上陸し、この時岩国付近を出発した時の船団の規模はなんと500艘。兵の数は2万とも3万とも伝えられています。どちらにしろかなりの戦力を投入していますね。

陶軍は厳島の大元浦に上陸し、厳島神社近くの塔の岡に本陣を置いて宮尾城を包囲、攻撃を開始しました。しかしこの時晴賢は城を包囲したもののすぐには攻撃せず、数日間を置いています。これは易での悪日を避けたためとも、毛利方の桂元澄が寝返るのを待っていたからだとも言われています。だけどこの攻撃を遅らせた事が、晴賢の敗因の一つとも言われています。

迎え撃つ毛利軍も主力を厳島の対岸に位置する、草津城に集結させました。この時の毛利軍の兵数は4千から5千程度。この兵力差を埋めるために元就は狭い厳島に陶軍を誘い込んで、身動きの取りにくい状況を作り出そうとしました。この作戦は成功し、数で勝る陶軍は動きが取れなくなっていきます。

元就は同時に海上での戦いでより確実に勝利を収めるため、厳島に接近、晴賢が厳島から脱出するのを阻止するため伊予の村上武吉・村上通康ら伊予水軍にも援軍を求めました。しかし伊予水軍はなかなか現れません・・・・これには元就も一時援軍を諦めますが、厳島に渡る直前になって約300艘が到着し、毛利軍に加わったとされています。