家康の講和とその後

小牧・長久手の戦いで巻き込まれ、最終的に秀吉と講和する事になった家康ですが、この際に彼は息子である二男・於義丸を養子と人質を兼ねて差し出しています。この於義丸が後の結城秀康となる人物ですが、ここでは割愛します。こうして小牧・長久手の戦いは完全に終わりを迎えます。

その後、余計な戦を招いたとして織田信雄の織田家内での評価は著しく下がってしまい、家康もまた秀吉に心中せざるを得ない状況になっていきます。そして秀吉は味方でありながら一番恐れていた鬼武蔵も家康方に討ち取られてしまったので、ほくほく顔で天下取りへと駒を進めていく状況になっていきます。戦は徳川の優勢だったのに、終わってみれば秀吉の独り勝ちですね。ですがこの戦の事で、家康は野戦上手と言われるようになります。これは後の関ヶ原にも繋がって来ます。

さてこの時、織田家の武将でもあった佐々成政が越中さらさら越えと呼ばれる雪山行軍で家康に打倒秀吉を持ちかけるも断られ、虚しく再び越中行軍するという事態がさりげなく起こっています。この事態が後の佐々家のお家断絶フラグになっていたとは一体誰が気付いていたのか。

これにて長かった小牧・長久手の戦いはお終いです。次回からはちょっと寄り道して、この戦で起こった色々な出来事と、武将達の逸話を紹介していきましょう。