有田中井手の戦いまでの経緯

今回は有田中井手の戦いに至るまでの経緯から見ていきましょう。

それは1508年の事。大内義興は足利義植を奉じて上洛軍を起こし、武田元繁もこれに従って上洛しました。一方、在京していた若狭武田氏当主であった武田元信は、足利義澄との密接な関係を維持していました。この辺りから、既に嫌な予感が漂っていますが…これ以後、安芸武田氏は若狭武田氏から完全に独立することとなります。上洛した義興は義稙を将軍職に復帰させると、自身も管領代として京都に留まったのは皆さんご存知ですね。元繁もこれに従い駐留を続けていましたが、大内氏当主と主力が不在の安芸国では厳島神主家で後継者を巡って内輪もめが発生していました。

これに不安を感じた義興は、1515年にこの内部の乱れ鎮圧のために元繁を帰国させることを決定しました。しかし義興もまた元繁に不安を感じていたのかもしれません。この時義興は、養女としていた権大納言飛鳥井雅俊の娘を元繁に嫁がせています。おそらく、元繁の離反を防ぐためだったのでしょう。

しかし不安は的中、元繁は帰国後すぐに妻を離縁して、尼子経久の弟・尼子久幸の娘を妻として大内氏に反旗を翻します。元繁が尼子方から支援を受けたのも、こんな経緯があってこそなのです。