毛利家ノコト

さて尼子家、大内家と来まして今回からは同じく中国地方の大名家である。毛利家について逸話などをご紹介していきましょうか。幾度となく色々な所で名前が出て来ましたが、毛利家自体についてはまだ語ってない事が沢山ありますからね。

戦国時代の毛利家と一口に行っても色々な武将が数多くいますが、一番有名なのはやはり毛利元就ではないでしょうか。かの人こそ、小さな国人の次男として生まれながら、権謀術数を駆使して勢力を拡大し、一代で中国地方を制覇するまでのし上がった人物です。

その傑出した戦略・謀略から戦国時代最高の智将であり、『謀神』とも呼ばれてお茶の間で親しまれている毛利元就ですが、その一方で愛妻家であり熱心な教育パパでもあった一面を持っています。特に有名なのは息子達に家族の結束をくどくどしく訴えた有名な三子教訓状ですが、他にも息子や孫達に送った手紙が沢山残っており、筆まめで心配性な一面も持っていたようです。

そしてその一方でかなり健康に気を使っていたようで、特にお酒は一切飲まなかったとか。これは父と兄を酒毒で無くした事から来ているようです。

そんな色々な顔を持つ毛利元就の逸話などを次からはご紹介していきますね。

 


2014年5月25日 毛利家ノコト はコメントを受け付けていません。 新着