熊谷氏・吉川氏

さて始まった合戦は既に人数からして大きく違いました。武田元繁のもとには熊谷元直ら国人衆が集い、その軍勢はなんと5000。大群が大内方の城・有田城を包囲しました。これに対して毛利元就は自軍の150と本家からの700、そして吉川家の援軍が300・・・合計1150で対抗しようとします。

有田城へ進軍した毛利・吉川連合軍は、武田方の熊谷元直率いる500騎と対峙しました。連合軍は矢による遠距離攻撃で武田軍に対抗していましたが、此処で元就は挟撃を懸念し、熊谷勢に肉弾攻撃を開始します。しかしこの時元直は連合軍を少勢と侮り、終始正面からの攻撃しか行いませんでした。もしこの時、元就が懸念したように挟撃策を行っていれば・・・・いや、直接攻撃をしたことで元直も挟撃するまでもないと思ってしまったのかもしれませんが。

しかし戦国時代で相手を少数と侮るのは敗戦フラグです。戦いの最中に元直は前線に出て、兵を叱咤していたのですが、運悪く矢が彼の額を射抜きそのまま落馬してしまい、宮庄経友に首を取られました。元直が打ち取られたことで熊谷勢は勢いを失い、部隊は壊滅。ほうほうのていで逃げ出すようになってしまったのでした。

ここで名が出た吉川と熊谷。この二つの家はのちのち毛利家と縁深い家になっていくので、覚えておくと面白いですよ。