羽柴軍・柴田軍の動向

さて、暫くまじめな記事が続きますがご容赦ください(笑)

今回は賤ヶ岳の戦いより少し前の、羽柴軍と柴田軍の動向を見てみましょう。

 

戦いとは事前準備が必須、寧ろ事前準備こそが勝敗を分けるものです。この頃は双方共に周囲の勢力を何とか自分の方に協力させようと盛んに調略を行っていました。しかし北陸に城を構える勝家の後方に存在する上杉景勝や、勝家と共に対秀吉戦線を組んでいた信孝の地盤である美濃の有力部将である稲葉一鉄が秀吉側に着くなど秀吉に有利な状況が出来上がっていた様子です。しかし一方で勝家もやはり然る者。此方は四国の勇・長宗我部元親や紀伊で勇を誇る雑賀衆らを取り込むなどして秀吉に対抗しています。特に雑賀衆の働きは素晴らしいもので、秀吉の出陣中に攻撃を仕掛けるなどして、敵の後方を脅かすよい働きをしています。

当時雑賀衆は信長が恐れていた部隊でもあり、味方すれば確実に勝利が訪れるとまで噂されていた優秀な傭兵部隊のようなものでした。そんな彼らを味方にした勝家は武辺一党のようなイメージがありますが、知略や軍略面でも秀吉に劣らない能力の持ち主だったのでしょう。

さてここまでを見ると今だ戦いの結果は予測不可能。これから彼らは如何にして戦い、決着がつくのか追っていきたいと思います。