西国地方の桶狭間

まさかの熊谷元直の討死を知った武田元繁は大激怒。有田城に一部の兵を残して、自ら兵を率いて毛利・吉川連合軍に対応します。士気を上げた毛利・吉川連合軍は兵を進めてこれに対応、勢いに乗るべく篭城をしていた小田勢も有田城から討って出ます。しかし多勢に無勢、数で圧倒的に不利なのは間違いなく連合軍。押され始め、敗走をし始める連合軍を毛利元就は必死に鼓舞して、何とか踏みとどまらせます。

拮抗する両軍に元繁は苛立ち始めます。ついに元繁は馬を狩り、自ら最前線に向かいます。そして又打川を渡ろうとしたところで、これを待っていたとばかりに元繁に向かって毛利軍が一斉射撃を開始しました。これを受けた元繁、馬から落ちて川に転落し、敢え無く打ち取られてしまったのでした。この時元繁を討ち取ったのは、毛利軍の井上光政であったとされています。古今東西殆どの場合、どれだけ押していても大将を失えば戦は終わりです。元繁を失った武田軍は総崩れとなって今田城に撤退しました。

ここに中国地方の項羽、武田元繁はその終わりを迎えました。この時から毛利元就の名前が広く知られていくのです。圧倒的な兵力差を覆し、対象を討ち取ることでの勝利・・・この戦は、西国の桶狭間と呼ばれています。