鬼武蔵と役人2

さて鬼武蔵と役人シリーズその2です。今回も鬼武蔵が出るからとっても血なまぐさいから気をつけて下さいね!

さて頃は信長が近江に橋を作った頃の話である。この橋の名は瀬田橋。瀬田橋は見事完成したが、主君信長の渡り初めが無い内は使用禁止であった。と、そこに馬に乗った人物が現れる。鬼武蔵こと森長可その人である。この時の橋奉行の名は山岡美作守である。

その家臣がこの橋はまだ渡れないので船を使って下され、と長可に言った。何故ならそれが彼らの仕事であるからである。が、ここで長可大激怒。

「橋が完成して無いならまだしも、完成した橋があるのに船に乗れとはおかしいな話ではないか!渡り初めがまだなら俺が渡り初めをしてやろうぞ!」

と、あくまで橋を渡ろうとする。番人達は必死に馬を抑えようとしたが、長可に切り捨てられてしまった。そして長可、悠々と橋を渡っていった。これを見た長可の家臣達はとりあえずその死体を川に投げ捨て、飛び散った血を掃除して長可を追いかけた。アフターケアもバッチリである。

訳がなくこの事は見事にばれた。ばれない筈がない。部下を殺された山岡は大激怒して信長に長可にしかるべき処分を求めた。それに対して信長は、

「鬼武蔵だから仕方が無い」

として無罪放免とした。因みにこの時の橋守は織田方、つまり長可にとって味方である。