元就の手紙

吉川夫妻の子供への手紙を紹介したところで、父親の元就から息子たちへ宛てた手紙もご紹介しましょう。

元就の三本の矢の逸話の元ともなった、有名な「三子教訓状」の続きです。

元就は手紙は読んだら返してね派だったようですが、嫡男・隆元はこれを大事なお守りとして持っていて、大事な部分を抜き出して書いたりしていました。しかし父親から「お手紙返してよ!」と再三言われたのか詫び状と一緒に返却しました。それに対する元就の手紙がこちらです。

「去年お届けした書状を、ただいま頂戴しました。本当に私の意見をこのように真剣に考えて頂いて、大切にしていただいた事はこう言うのもなんですが、これほど嬉しい事はありません。あの書状はもう一度お届けしますので、どうかそちらに置いて下さい。あの書状に書いたように、事につけいつも、妙玖の事ばかり考えています。一人になってしまって、内外の事全て、自分一人でしなければならない状態です。隆元、元春、隆景のことは勿論、宍戸に嫁いだ娘にも、色々進言したいことが多いのですが、もう私もくたびれ果ててしまって根気も続かず、こんな時に妙玖がいてくれたらと思うばかりです。本当に語り合える相手も無く、自分の胸に語りかけているような有様です。内は母親が治め、外は父親が治めると言いますが、本当にそのとおりだと思います。余計なことばかり書いてしまいましたが、口で語れるようなことではないのでつい筆に任せて書き連ねてしまいました。大したことではありませんので、暇な時にでも読んでください。あ、それと

この書状は恥ずかしいので、読んだらなるべく早く返却してください。

亡き奥さんとの思い出を息子に語り、手紙の最後にさらに手紙を返してねと念を押すお父さん・元就のお話でした。

しかし長い

吉川夫妻の手紙・後

さて引き続き、吉川夫妻が息子・吉川広家に送った手紙の紹介です。この当時まだまだ若かった広家は現代で言えば不良というかちょっと突っ張っていたというか、当時で言えば「かぶいている」状況にありました。しかもそれだけではなく、ややわがままな性格でもあったようです。

広家は他家に養子に出ていたですが、領地が少ないと不満を漏らし、もっと広い領地を持つ家の養子に鞍替えしようとしました。しかし当たり前ながらそんなことが許されることなく毛利本家から待ったがかかり、広家はますます不満に思っていました。そんなむくれてしまったわが子へ、吉川夫妻が連名で手紙を送りました。

 

決して本家を恨んではならぬ。もし、これが承知できなければ毛利・小早川・吉川三家に対し敵心ある者の生まれ変わりであると看做す。

 

内容だけ見ると頑固親父がワガママな息子に怒っているようですが、実際にはもう少し行動を自重してくれよ、というフレーズのようなものであったそうな。

三男・広家は後に人質として秀吉のもとへ送られましたが、元春は後に頼んで返してもらい手元に置きました。手のかかる子供ほど可愛かったのかもしれません。その後、兄・元長が夭折したため、広家が吉川家を継ぐことになります。

手がかかる子供ほど可愛い、吉川夫婦のお手紙です。

吉川夫妻の手紙・前

さて夫婦仲がよく、優秀な子供たちを授かった吉川元春と妻である新庄局。そんな2人が晩年、我が子に当てた手紙が残っていますので少しご紹介しましょう。これは三男の息子・広家に宛てた手紙です。

 

武士は身だしなみをきちんとすることが大切だ。お前は気に入らないと思うが言っておく。今の流行を追いかけることは、武士の家に生まれたお前にはふさわしくないことだ。額をとにかく剃りなさい。そのうえで鬢をつければ立派に見える。

それをせずに、商人か乞食坊主か恵比須舞いのような格好をしているのは理解できない。親から見てこうすれば良いと思うことは、たとえお前が気に入らなくても、親孝行だと思って直してもらいたい。

お前は盃を目の高さ、鼻の高さまで上げて戴いていた。なるほどこれはちょっと見には粋に見えるがよろしくない。偉い人から戴いた盃は目の上まで捧げて鄭重に戴くように。

また、他人から敬礼を受けるときも目礼ではいけない。少し身を前にかがめて敬礼しなさい。

 

息子への忠告の手紙ですが、今の親が子どもに言うことと何だか似ていませんか?流行りを追いかけて不良になってきたわが子への説教というところでしょうか。口うるさいと言われそうだけど言って上げるのが親の役目、元春も人の親ですね。

元春の子作り

さて今回は前回に引き続き、吉川元春とその妻である新庄局のお話です。女性の名前は残っていないことが多いので、新庄局で統一したいと思います。

数奇な運命と打算により夫婦になった二人ですが、その夫婦仲は大変良かったといいます。毛利家の正室・妙玖夫人が産んだ男子には共通するのですが、三人とも側室を持ってなかったと言います。父親と母親がよほど仲が良かったのか、それとも生来の性格からだったのかはわかりません。二人の間には夭折してしまった子を含め、五人の子どもを授かっています。内一人は娘で、他の四人は男の子。中々に優秀な子供ぞろいだったとか・・・・。

さて下世話な話ですが、この子供たちの生まれた年と年代を見ていってみましょう。これには不思議な法則があります。

長男:元長1548年生まれ 前年に元春が妻を娶っているので結婚記念

次男:元氏1556年生まれ 前年に厳島合戦で勝利したので厳島記念

三男:広家1561年12月生まれ 同じ年の1月頃に長男の元服があったので元服記念

なんとまあ上手く出来上がったこと(笑)

大きなイベントがあるとホッとして子供を作る家庭だったのでしょうか?何はともあれ、夫婦仲が宜しくて結構ですね。

因みに家は長男が早世し、次男が養子に出ていたので三男の広家が跡を継ぎました。この経緯はまた、関ヶ原以降で説明したいと思います。

元春の嫁取り(尚、周囲への相談はナシ)・後

さて驚いたのは熊谷信直です。なんせ娘に対して縁談の申し込みが来たのですから。それも因縁ある毛利家の次男・吉川元春です。

信直「少し訪ねたいのだが、貴公の父上が我が家と戦の際に熊谷の前当主を討ち取ったことは知っておられるかな?」

元春「もちろん承知の上です。ですがご息女を妻に迎えたいのです。お願いします」

信直「・・・・その、うちの娘の噂はご存知なのだろうか・・・?」

元春「もちろん存じ上げています。その上で妻に迎えさせて頂きたいのです」

熊谷「なんと有り難い・・・・!分かった、しかし一度お父上にもお話を通しておいた方がよかろう」

こういった経緯で元春の嫁取りは成功しました。しかしこれには元就も驚いたのか、詫び状を書いて「元春は犬のような子ですみません。よろしくお願いします」と改めてお願いしています。

その後、元春の策略通りに熊谷家は毛利家とともに戦国動乱を戦いました。確執は水に流し、一度も裏切ることなく元春と吉川、毛利家に尽くしてくれました。余程嬉しかったのか信直は臨終の際に息子たちに「元春殿に尽くすように」とまで言い残しましたといいます。

そしてここからが余談。

醜女と名高い妻を元春は非常に大切にして、生涯側室を置くこともしませんでした。二人の間には何人もの子を授かり、夫婦仲もとても良かったといいます。初めこそ打算がありましたが、それ以後奥さんを大事にした辺りがとてもいい話ですね。

吉川元春の嫁取り話。打算から始まった愛もある、といったところでしょうか。

元春の嫁取り(尚、周囲への相談はナシ)・中

その頃、熊谷家でもその娘のことが大問題になっていました。熊谷信直は子煩悩でもあったとも言われていますが、この娘の行く先を心配していました。娘も年頃、そろそろ嫁にやるなり婿を取るなりしたいところですが、相手がいない。親の欲目もあるかもしれないが、器量はそこそこいい筈だ、しかし・・・・。

この娘、実はとんでもなく醜女だったのです。言ってしまえばブスだったのです。それも近隣諸国に有名だったとまで言われているのだから色々と酷すぎます。この時代の娘は同盟国を作るための存在、嫁の行き先がないとなると困った時に頼る相手ができない。いやいや、子煩悩だった信直から見れば修女と噂されて嫁にも行けない娘がどれほど可哀想だったことでしょうか。

元春が熊谷家とその娘に目をつけた最大の理由がここであったと言われています。よく直情的で戦一辺倒のような人物だと思われていますが、元春は文芸にも明るい頭の切れる人物なのです。

元春は熊谷家が抱えている問題の娘を嫁に貰ってやることで、熊谷家が恩義を感じて自分や毛利家に尽くして働いてくれるのでは、と思い立ったのです。少々打算が過ぎるかもしれませんが、ここは戦国、政略結婚などよくある事です。

こうして元春は父親の元就にも相談なしに熊谷家に単身乗り込んだのでした。

 

 

元春の嫁取り(尚、周囲への相談はナシ)・前

さて吉川家へ養子に出されることになった元春。その背後には色々な大人たちの思惑が絡んでいましたが、元春はあることを考えていました。

嫁取りです。

戦国時代にお嫁さんはとても重要です。もしかしたら先に母親を亡くし嘆きまくる父・元就に触発されたのかもしれませんが、ともあれ年頃ですし嫁さんを貰うことにしました。周囲には特に相談もせずに。

だからといって手当たり次第に嫁を貰うわけにはいきません。毛利家と吉川家を盛り立てるようなお嫁さんが必要です。

「そういえばあの口うるさい(元春は五龍局とあまり仲が宜しくなかったようです)姉は敵対してた宍戸家に嫁に行って、その後毛利家と宍戸家は仲が良くなったな。しかも宍戸の義兄上も父上や兄上を助けてくれて信頼されてるし。そうだ、俺も前から敵対してて強い家の娘を嫁さんに貰おう!」

さてそんな家が一体どこに・・・いえ、ありました。熊谷家です。

熊谷家の当主・熊谷信直は豪傑で有名で、尚且つ嘗ては毛利家と敵対していた関係です。それもその筈、熊谷家の先代当主は安芸守護職武田家と共に毛利元就と戦って討ち死にしていました。しかしそれは過去の話、この頃は毛利近辺の土地は落ち着いてきていますし、上手く頼み込めば話がまとまるかもしれません。相手も娘の嫁入り先を探していることでしょう。

なぜならこの娘、大きな問題があったのです。

死ぬまで渡れない川

さて小早川家を手中に収めた毛利元就、安芸での力を磐石化させて天下に名乗りを上げるのか・・・・そう思われた矢先に、元就を意気消沈させる出来事が立て続けに起こります。

元就最愛の婦人とも言われる糟糠の妻であった妙玖夫人と、実の母のように慕っていた大杉方が相次いでなくなってしまったのです。これには元就も相当応えたようで、妙玖夫人が亡くなった時には髪が真っ白になって49日があけるまで惚けたようになってしまっていたという逸話まである程です。結婚して十数年、戦と戦乱に明け暮れ子供たちは人質や養子に出して心休まる日々がなかった元就にとって、その間ずっと傍にいて支えていてくれた妙玖夫人の存在とは例えようもなく大きなものだったのでしょう。元就はある時、このような歌を詠んでいます。

待えたる かひも涙の ふる雨に 逢せへたつる 天の川浪

待ちに待っていた甲斐もなく涙のように降る雨は二人の出逢いを無情にも隔てる天の川の波のようだ。これは会えなくなった織女と牽牛の二人の悲しみの涙雨なのだろうか。それとも彼らのように離れ離れになった私と妻の二人の悲しみの涙雨なのだろうか。

七夕の日に雨が降ってしまい、妻を思い出して涙を流す元就の姿は謀神のロマンチストな一面を感じさせてくれます。仕方ありませんね、三途の川は天の川と違って死ぬまで渡れることはありませんから・・・

謀神を育てた女性も、支えてくれた女性も失ったことに堪えた元就は隠居を決意します。

小早川家の相続

さて小早川家へ養子に出された隆景ですが、その時に毛利家から出されてある手紙がありますので今回はその内容をご紹介しましょう。

「このたび御家(沼田小早川家)又鶴丸(繁平)殿より竹原隆景へご相続ができましたのは全て皆さま方のご好意によるものです。我々はこのことを感謝し尽くしても尽くせませんそこでこのご好意についてはこの元就・隆元親子は言うに及ばず、例え御家が没落したとしても忘れず、長きにおいて粗末な扱いをすることは決して致しません。もしこのことに嘘偽りがあれば、梵天帝釈・四天王・総ての日本国中六十余州の大小の神々、中でも厳島両大明神・八幡大菩薩・天満大自在天の各ご神罰を受けることを誓います。

天文二十年 九月 二十八日

隆元 御判

元就 御判

乃美弾正忠殿

これは小早川家相続について毛利元就・隆元が前主君のアフターケアを小早川家家臣の乃美景興に誓約した起請文ですが、内容を読んでいるだけで毛利家の真摯な態度が伝わってきますね。決して毛利家が上から目線で隆景を養子に出したわけでないことがわかります。こんな態度だったからこそ、隆景も養子先で無碍に使われることもなかったのでしょうか。

しかしこれにより小早川家中をまとめて傘下に入れることに成功した毛利家はさらなる飛躍を遂げることになります。

聡明だった徳寿丸

さて望まれて小早川家へ養子に行くことになった徳寿丸。ここからは元服した時の名前、よく知られている小早川隆景の名前で表記しましょうか。この小早川隆景は聡明な人物で有名ですが、その聡明さは幼い頃から人より抜きん出ていたようです。今回はその逸話をご紹介しましょう。

隆景は13歳で人質として大内氏に行き、そこで人質として三年を過ごして帰ってきたが、その際に父の毛利元就にこのように報告したといいます。

「大内氏は必ず滅亡するに違いありません。なぜならば大内義隆の贅沢は度を外れていて、政治も自ら行わず家臣の陶晴賢は諌言を尽くして、ついには義隆の意に反するようになりました。そこへ相良武任という者が義隆に阿諛追従して、晴賢を讒言しました。なので群臣は皆義隆を嫌い、武任を憎み、晴賢に心を寄せる者が多くなっています。主君が晴賢を疎んじ、家臣一同が晴賢に帰服しているような状況ですから、陶が兵をあげるのは時間の問題でしょう。」

元就はこれを聞いて息子の言葉に深く頷いたといいます。この後は隆景の言った通りのようになるのですが、朝鮮出兵のことといい隆景には先を見通す力でもあったのでしょうかと言いたくなりますね。

小早川隆景、幼い頃から聡明だったことがわかる逸話です。