黒田官兵衛、黒田長政

さて、官兵衛が幽閉されていた荒木村重の元より救出されたと前の記事で書きましたね。このころから官兵衛は「黒田官兵衛」を名乗り始めます。元々主君の小寺家より頂いた名字である「小寺官兵衛」を名乗っていましたが、この時小寺家もまた織田信長によって討伐されていたためです。この際、嘗ての主君小寺政職は毛利家を頼って落ちのびていますが、結果的に官兵衛は織田家に残った形になったのですね。彼のその後は、また別の記事で。

ともあれ官兵衛は姓を黒田に改め、その後信長から1万石を与えられて正式な織田家の家臣となって迎え入れられました。こんな風に戦国時代は良く名前が変わります。

因みに松寿丸も無事元服して、長政と名前を改めます。この長政の長の字ですが、織田信長から一文字賜った、という説があります。織田信長は当時影響力の強い人物でしたので、浅井長政や森長可らも長の字を信長より賜って名前を付けています。(浅井長政は元は浅井賢政という名前でした)

このように成人してからも戦国時代では名前が良く変わりますので、難しくて面白いですね。

では次回は官兵衛の元主君小寺政職がどのような人物で、その後どうなったかを少し書いていきたいので、よろしくお願いします。