休松の戦い

さて女癖の暴走により家臣に次々離反された上に嘗ての敵秋月家やこれ幸いと中国から毛利家まで首を突っ込んできてしまった大友家のお家騒動!ここでいい加減事態の酷さに気付いたのか大友宗麟が政治に復帰!素早く抵抗勢力へ攻撃を開始します。

ここに大友家VS秋月家(毛利家)・休松の戦いが開幕します。

さて再び九州に舞い戻ってきた秋月家の秋月種実は勢力を拡大しつつ、あくまで対大友を主張し続けます。その上離反した高橋鑑種と結託して反乱をおこします。これに大友宗麟が向かわせたのが大友家の名将たちである立花道雪(この時は正確には戸次鑑連を名乗っていますが)、吉弘鑑理、臼杵鑑速ら!彼らが率いる兵は20000人!名将たちが大軍を率いて秋月領内に侵攻を開始します。

まず彼らが攻撃したのが邑城。その後は大友の攻撃が順調に展開していき、休松城を攻略します。さてここで立花道雪公、一気に秋月種実のこもる古処山城を落とそうと試みるも、秋月家は持久戦を試み必死で対抗します。そこにもたらされた情報が「毛利家、九州へ進攻の恐れあり」。この情報は大友軍に凄まじい動揺をもたらします。これにより大友家参加の国人衆は適当な理由をつけて自領に撤退してしまいます。

そして快進撃を続けていた大友軍も、大友宗麟の指示により撤退を余儀なくされるのでした。