再び荒れる九州

耳川の戦いで島津家に敗北し、有力な家臣を失って弱体化してしまった大友家。再び大友家の下にあった小勢力達は大友家に反抗し始め、和平を結んでいた龍造寺家は再び大友家へ進行し始めます。(まぁ以前からじわじわしていたけど)

ここで出てくるのが肥後南部の相良家と、肥後中部の阿蘇家です。この二つは大友家に従属しており、大友家から支援を受けて独立して家を維持していた大名家でした。特に相良家は、以前の記事にもある通りかつて肝付家、伊東家と協力して島津家に対抗していた家です。肝付・伊東家が島津家との戦いで滅亡した後は大友家の傘下に入る事で、島津家から攻撃される事無く家を守っていたのですね。

しかし、その大友家は耳川の戦いで島津家に敗北し、その力は弱まってきています。要するに次なる島津家のターゲットは言うまでも無くこの相良家となる訳です。耳川の戦いの翌年、早くも島津家は相良家へ攻撃を開始します。

当初は何とか島津の侵攻を防いだ相良家ですが、その後、当主の相良義陽はこれ以上の抵抗は出来ないと判断したのか降伏を決意、息子達を人質へ送り、島津家に降伏します。こうして島津家の勢力は肥後へと伸びていきます。

さて降伏した相良家ですが、その後、思いもよらない窮地に立たされます。


2014年4月8日 再び荒れる九州 はコメントを受け付けていません。 九州