出陣!軍略の家久

さて話は戻ってそりゃあもう色々と目を覆いたくなるような状態になっている肥前の熊こと龍造寺隆信。自分に刃向う者はことごとく滅ぼす勢いで、離反した有馬晴信討伐の為に総大将自ら軍を率いて出陣しました。その数はなんと5万!(実際は3万から5万だそうです)隆信様、本気で有馬家を滅ぼすおつもりであります。

対して有馬家、このまま成すすべもなく龍造寺家に滅ぼされる訳にはいきません。ここで有馬家が頼ったのが、今や九州を龍造寺家と二分している島津家当主・島津義久です。

しかし有馬家からの救援要請に、はいわかりましたと受けられる状態に島津家はありませんでした。島津家が戦っているのは龍造寺だけではなく、まだ大友家も島津家と覇権を争っている最中。九州の各地に兵を割いて、対峙している状態にあります。援軍として回せる兵も、多くはありません。それに加えて島津家の兵達は島原半島には不慣れ、その地理に詳しくはありませんでした。当初、島津家でも援軍を贈らない方がいいという意見が多数出ます。

しかしそこで当主の義久は「当家を頼ってきたものを見殺しにするのは仁義にかける所業である!」と反対意見をすっぱり黙らせて、有馬家への援軍を出す事を決定。ここで有馬家への援軍3000を率いて向かったのが、島津四兄弟末弟・島津家久。島津日新斎より軍略の家久と謳われた戦上手です。