北九州の統治

さて、大友家と毛利家による北九州の覇権争いが開始しました。

大友宗麟は筑前や豊後といった北九州を支配下に治めていくよう朝廷や幕府にも働きかけていきます。その上で、「九州探題」という官職も手に入れていっています。ですが北九州を治めていくにはまだまだ問題は山積みです。

北九州は元々、鎌倉時代に起こった元寇で総大将と言える活躍をした少弐家が大きな権力を持っていました。しかし前にも説明しました通り、少弐家は戦国時代の初期に大内家によって敗退。今度は大内家が支配する状態になっていました。そして次はその大内家が崩壊。大友家や中国の毛利家が進出してきた訳です。こうして書くと戦乱の宝庫ですね、北九州・・・。

まぁこんなコロコロ支配者が変わっていてはその土地の人々も苦労していたのでしょう。さらなる争いに巻き込まれたくなかったのか、独立を望んでいたりして大友家の支配を拒む者も多かったようです。大友家の統治はなかなか進みません。

その上、少弐家の配下勢力にあった秋月家は毛利家と好を通じて北九州で独立を果たそうとしました。これを大友家は打倒するも、秋月家の後継者・秋月種実は毛利家に逃れ、秋月家独立の援助を申し出ます。ここに再び、北九州での毛利家と大友家の戦いが幕を開きます。