北九州の覇権争いー開幕ー

北九州と中国地方の覇者であった大内家が家臣・陶晴賢の謀反により崩壊を迎えます。その後、後継ぎに担ぎあげられたのは大友宗麟の実弟であり養子に行っていた大内義長。ですが謀反人の担ぎあげた後継者が簡単に認められる訳がありません。

ここで出てきたのが後世で中国地方有名大名となる毛利元就です。主君の仇打ちを名目にの為に打倒陶と挙兵!陶方もこれを迎え撃たんと出撃。毛利方も家をかけての戦いでしたが、毛利のお家芸の一つ・智謀策謀を駆使してこれに勝利しました。陶晴賢も大内もここに完全に滅んだのです。さてここで問題が一つ。宗麟の実弟・大内義長です。当然ながら彼は兄である宗麟に救援を求めます。しかしその裏には既にこんな話が進んでいたのだった・・・!

元就「弟さんどーするー?やっちゃっていいいかなー?」

宗麟「いーよー。でも弟の持ってる瓢箪茶入はずっと欲しかったからちょうだーい」

こうして大内義長も自刃。瓢箪茶入は宗麟の元へ。だが毛利と大友には更なる秘密の約束があったのです。それは大内家の本土にある領地は毛利家のもの、九州領は大友のものという大内家の領地の山分けです。瓢箪茶入と共に、この密約で宗麟は弟への援軍を出さなかったのです・・・ですがこちらはあっさりと毛利に破られました。

元就「約束は破るためにある」

宗麟「ちょおま」

こうして北九州の覇権をめぐっての、大友家と毛利家の戦いが開幕したのでした。