南海の真珠

島津日新斎の母、常盤夫人は新納家出身の娘でした。常盤夫人は女性の身でありながら論語等の書物に通じ、南海の真珠と褒めそやされるほどの美貌を持った人物です。その常盤夫人の夫になったのが伊作島津家の善久でした。善久は婿として新納家に入り、夫婦は仲睦まじく過ごしていましたが、その日々は突如終わりを迎えます。

日向の国にあった城をめぐって両家は対立を激しくし、遂に実の父親とは戦えないと判断した善久は「伊作へ返るか、切腹を許して欲しい」と常盤の父・新納是久に申し出ます。それに対して是久は余計なトラブルを避けるため、善久の伊作への帰郷を許しました。

本来ここで常盤と善久は離縁して終わりだっただろう話ですが、常盤は善久との離縁を頑なに拒否。説得を試みようとする父是久に「夫婦は共にあるものです」と言い放ち、善久と共に伊作島津家へと行ってしまいます。娘の正論に父は何も返せなかったのでしょう。その後、常盤は伊作の地で待望の男児を産みます。これが後の島津日新斎ですね。この時が、南海の真珠夫人、常盤の幸福の絶頂だったのかもしれません。

ですがその二年後、夫の善久は配下の逆恨みで殺されてしまいます。そして追い討ちをかけるように義父の島津久逸も同族の島津忠興に攻められ、討死してしまいます。常盤は幼い子供を抱えたまま、嫁入り先で頼る人もいなくなってしまいます。