大内輝弘の乱

大友家の重要拠点地である立花山城をめぐって戦う毛利家と大友家。多々良川の戦いでは立花道雪の奮戦により勝利するも、その後は堅城立花山城に籠られて戦は膠着状態に陥ります。この状況の打開策を考えだしたのが後に大友宗麟の軍師と謳われた吉岡長増(この時代に軍師という役職はなかったようです)。

彼は九州からの毛利家撤退を狙い、毛利家の中国地方での、即ち毛利家の後方撹乱を狙って策をめぐらしました。そして秘密裏に毛利家後方で、毛利に滅ぼされた尼子家復興を狙う尼子勝久・山中鹿之助の支援を行います。そしてその一方で、大内家復興を名目に大内輝弘を担ぎ出して毛利家に当たらせます。この時、大友家内には滅亡した大内家の血筋である大内輝弘が大友家に厄介になっていました。そしてこの策を受けた大友宗麟は大内輝弘に大内家再興の名目で兵を与え、中国地方へ進行させます。そして北九州に兵を出していた毛利家はこの対応に遅れてしまい、本国に混乱を呼びます。

大内輝弘は大内氏の復活を狙い、大友水軍に護衛されながら周防国へと向かいます。そしてこの輝弘の帰国に大内家遺臣は奮い立ち、その元に集合。こうして輝弘の軍は増大していき、毛利家を脅かす事になるのでした。