孤立無援の肥前の熊

さて大友家は見事毛利家を退けただけでなく、重要拠点地を抑えていた立花家、高橋家を取り込むことに成功しました。そして長らく大友家に反抗していた秋月家もこれに降伏。これで反大友家陣営は崩壊しました。ここまで来ると今度窮地に陥るのが、龍造寺家です。

この時点で龍造寺隆信は肥前の主勢力となってはいるものの、その全てを取りこんでいる訳では今だなかったのです。その龍造寺が反大友勢力に与した最大の要因は、中国地方からやってきた毛利家の存在です。この毛利家を後ろ盾に肥前に手を伸ばしていた大友家の勢力を退けようと試みていたのですが、肝心の毛利家は北九州から手を引いてしまいました。そして念を入れた事に毛利元就はその遺言で「肥前の龍造寺家に肩入れするな。毛利家を守る事だけを考えろ」と残してくれました。その影響で北九州の勢力もどんどん大友家に降伏していきます。こりゃークマった困った。

とりあえず駄目元で龍造寺家は大友家と和平を結ぼうと申し入れをしますが、もちろん鼻で笑われてしまいます。そして迫りくる大友軍はなんと6万(8万とも)・・・対する龍造寺家の全兵力は5000ほど・・・。今度は対大友家において龍造寺家が絶体絶命の事態に追い込まれてしまうのでした。