島津の四男・踏ん張る

さて後世で耳川の戦いと呼ばれる大友家と島津家の戦いが始まりました。伊東義祐の日向奪還の願いと、日向の地にキリシタン王国の健立を狙って大友軍は日向の地に入ります。この時の大友軍は4万ほどだったと言われています。

そして大友軍が進行と共に行ったのは、後々邪魔になるであろう邪教徒の排除でした。日向に侵攻した大友軍は神社仏閣や仏像をことごとく打ちこわし、焼き払いながら進みます。これにより現在の宮崎県の近世以前の一次史料のほとんどが失われているそうです。進む大友軍は島津の小部隊をどんどん撃破し、日向にある耳川の先の拠点・高城を包囲。この高城は島津家にとって重要な拠点でした。そのためこの地方を守っていた島津四兄弟の末弟・島津家久が守備に向かいます。

この時の家久が率いた兵は約3000人ほどでしたが、高城の城主・山田有信の奮戦もありなんとか城内に入りこみ、兵達を励ましながら大友軍と戦います。更に高城は川や崖に囲まれた堅城であった事も合わせて、中々落城する様子はありません。ここで一旦大友軍は後退して持久戦を試みます。が、その内に島津軍本隊が到着しました。

ここで両軍の睨み合いが始まります。ですがその睨み合いは意外にも早く終了します。