市川経好の妻

大友宗麟の策により担ぎ上げられた大内輝弘。彼は大友水軍の護衛を受けつつ、中国地方に上陸。大内家の復興を掲げて毛利家に対抗し始めます。これにより旧大内家の家臣達が奮い立ちそのお膝元に駆けつけ、軍団は強大になっていきます。そして遂に大内家と毛利家の戦いが始まります。

大内輝元は毛利の本拠地山口へ侵攻を開始。これに毛利家は平野口を井上就貞が、小郡口を信常元実が防衛を開始。ですが輝弘の軍は増大しており、数の多さに平野口の井上勢は敗北してしまいます。そしてその勢いに乗って毛利家の拠点の一つである高峰城への攻撃を開始します。ここ、高峰城の城主であった市川経好は今現在大友家との戦の為九州へと出陣中。主のいない間にその城を奪おうと攻めかかったのでしょう。

だがこの城の留守を守っていたのは、何とその市川経好の妻でした。彼女は自ら鎧を身にまとい、残ったわずかな城兵を指揮、兵達を奮い立てさせながら輝弘の軍を退けたのです。この女丈夫の勢いに気圧されたのか、輝弘は一度高峰城を諦めて龍福寺にて次の策を練る事にしました。翌日も再び高峰城を攻めるも、出城の一つも落とせずに戦況は膠着してしまうのでした。

そしてこの戦の際に、数多くの寺が焼き払われました。輝弘は宗麟の影響を受けたキリシタンだったので、寺は悪魔の住処と考えていたのでしょう。大友宗麟もまた、自国内の寺を多数焼いています。九州大分県下に古くからの寺が無いのは大友宗麟に焼かれてしまったからだそうです。