憂いを絶てぬまま終わる・・・

さて門司合戦で毛利家に大敗北をし、心に大きな傷を負って出家して大友宗麟に改名した大友宗麟(ややこしい)。

真っ向から戦っては老獪な毛利元就には分が悪いと踏んだのか、ここからは単なる戦ではなく外交戦で毛利と渡り合います。将軍家にワイロ献金をしながら毛利家の北九州での非道な振る舞いを訴えつつ、同じくアンチ毛利家の筆頭頭さんであった中国地方の尼子家と組んで毛利家を挟み討ちで迎撃します。将軍家が介入して三家は和平調停を開始しますがこれが双方の意見希望入り乱れでなかなかうまくいかない。

しかし大友家と尼子家による挟撃策に流石に毛利家も疲弊し出します。その上、毛利家では嫡男である毛利隆元の死去という不幸が・・・嫡男の突然の死に毛利家は大慌て。毛利元就もめっきり弱り切ってしまい、戦どころではない状況。これにより毛利家は一気に力を失い、衰退してしまいます。その後、毛利家は北九州のせい領地を大友家に返還して和睦が成立しました。ただし、九州攻めの前線基地である門司城は保持したままで・・・。

北九州勢力は活発したままですが、大友家の辛い勝利で幕を閉じました。

因みにこの持ち逃げされてしまった門司城により再び毛利は九州にきます。さて、次回はこの頃の毛利家に何があったのかを少し説明していきましょうか。