毛利「またきちゃった♪」

さて、家臣の妻を力づくで奪った上にその家臣にでっち上げの罪をきせて殺してしまった大友宗麟。もちろんそんなことしたら手痛いしっぺ返しがきます。この世は因果応報なのです。というか出家してるんだから色欲は慎めというものです。

さて兄を殺された恨みから家臣の高橋鑑種が大友家から離反。独立宣言をします。その上この酷く外聞の悪い事実が知れ渡ったのか前々からタイミングをはかっていたのか既にいくつかの家からは見切りをつけられていたのか、それとも全部でスリーアウトチェンジ状態なのか北九州の諸勢力も次々大友家から離反。その上以前大友家に壊滅させられていた秋月家もこの機会に挙兵。そして

毛利「来ちゃった♪」

大友「かえれ」

大友家に敗北した秋月家は毛利家を頼っていました。そして挙兵に合わせて毛利家に援軍を要請します。まだまだ北九州を手中に置く事を諦めていなかった毛利家。これ幸いとばかりに再びやって来ました。ええ確か毛利家と大友家は和睦を結んでいた筈ですが、そんな事は些細な問題です。歴史に詳しい方なら分かるでしょう。和睦にも約束にも指切りにも効果なんかないのです。しょせんその場しのぎです。

こうして再び北九州は動乱に巻き込まれていくのでした・・・。