毛利の九州撤退

九州立花山城をめぐって大友家と毛利家の膠着状態の戦が続く中、毛利家は大友宗麟らの策を受けて本拠地を脅かされます。旧尼子家の復興を狙う尼子勝久、山中鹿之助の挙兵と、大内家の再興をかけて侵攻してきた大内輝弘の存在です。毛利元就はすぐさまこれに対応し、九州筑前へと進行していた息子、吉川元春と小早川隆景らが率いている毛利家の主力部隊の本国帰還の命を飛ばします。これにより、毛利家は立花山城を放棄する事となりました。

この毛利家の撤退に大友家も追撃をかけ、毛利に大ダメージを与える事に成功しました。ですが大方の毛利勢は九州宗像氏の支援を受けて北九州より撤退されてしまいます。その後立花山城は開城宣言。多々良川の戦いは大友家の勝利に幕を閉じました。

この後、立花城の立花氏と、宝満城と岩屋城の高橋氏を取り込むために大友宗麟は自身の信頼できる部下を送り込みます。これが立花道雪と、後の高橋紹運となる吉弘鑑理の次男であった吉弘鎮理です。二人ともこの時に立花、高橋へと名を改めています。

こうして大友家の重要拠点地を腹心にしっかりと押さえさせた事で大友家の支配は盤石になっていくのですが・・・さてここでささやかな犠牲が払われていますが、皆さん覚えているかな?