相良義陽の苦悩

さて島津家に降伏した相良義陽ですが、彼には盟友がいました。同じく肥後の大名家である阿蘇家の宿老・甲斐宗運です。

甲斐宗運と相良義陽は同じく大友方として父親の代から親交を深めてきた盟友であり、お互いいに阿蘇良にある阿蘇神社と相良領内にある白木妙神社に不可侵の誓いを収めあった親友でもありました。その二人の状況は大友家が耳川で島津家に敗れた事で急変します。島津家に相良家は降伏し、次に島津家が戦う相手は阿蘇家とです。そして島津家に降伏した相良家ももちろんそれに従います。相良義陽は親友・甲斐宗運と戦う事になってしまったのです。

遂に島津家当主・島津義久から阿蘇領への出陣命令が相良家に下されました。これにより義陽は決断をしなければなりません。即ち、誓紙の誓いを破って信義、友情を反故にして親友である宗運と戦うのか。それとも義久に逆らって、代々続いてきた相良氏の家を滅ぼすのか。義陽は激しく苦悩した事でしょう。

そうして出した義陽の答え。戦国大名として相良家の当主として、そして甲斐宗運の親友として出した答えは、阿蘇家と戦い、盟友である甲斐宗運に討たれる、というものでした。こうして義陽は決意を胸に戦へと赴きます。