立花山城を奪われる

さて今回からは話を大友方に戻しましょう。家臣の妻を奪ってその家臣に無実の罪をきせて殺害してしまった大友宗麟。それにより家臣に背かれ、果てにはトラウマ再来の毛利家が再び九州にやってきました。その上この件でいくつもの国人衆から背かれ、大友家は前代未聞の大ピンチ。しかも背後から迫りくるは肥前の熊・龍造寺隆信だ!

さてこの相次ぐ離反者の中には、大友家の重要拠点である立花山城主である立花鑑載もいました。立花鑑載は毛利元就の調略に応じて叛旗を翻したのですが、同時に重要拠点の立花山城も毛利方に奪われてしまいます。その上肥前の龍造寺隆信も大友方との戦う姿勢を崩しません。大友家は前代未聞の大ピンチに陥りました。

この大友家の大ピンチに立ちあがったのはやっぱり雷神・立花道雪公です。この状況を何とか好転するために前線基地である立花山城奪還を試みます。そして三カ月にわたる攻防戦の中、遂に立花山城を陥落させます。この時、城主であった立花鑑載は自害をしました。そしてこの立花山城攻略に伴い、秋月、宗像は降伏します。

これにより余裕が出来たのか大友家、大友宗麟が大軍を率いて肥前に侵攻するも、再び九州に毛利家が来襲。大友家はまたもや窮地に立たされることになるのでした。