肥前の熊、吼える

さて大友家と秋月家が戦いを始め、その上この戦いへの毛利家の加担。そして最終的に大友家の劣勢で終了してしまった戦・・・これにより更に周辺勢力は対大友家の構えを見せ始めます。

その内の一つに、龍造寺家があります。

この龍造寺家、元々は肥前を収めていた大名家・少弐家の配下だった家です。しかし戦国時代の初期に、主家である少弐家より龍造寺家は敵に内通しているという疑いを持たれてしまいます。これは当時龍造寺家の当主であった竜造寺家兼の存在も大きく関わっています。家兼は有能な人物であり、政務でも軍事関連でも名を上げていた発言力の大きい人物でもありました。このような人物は頼れる人物であると同時に、安心の置けない人物でもあったのでしょう。出る杭は打たれてしまうのが戦国時代の鉄則、少弐家により襲撃を受けた龍造寺家は一族の殆どを誅殺されてしまいます。

ですがこの時竜造寺家兼は何とか逃げのび、お家の復興を願います。そして一つの遺言を残してありました。それは曾孫の龍造寺隆信に家を継がせるというものです。彼はお家の為に寺に入れられていて何とか助かっていたのです。

この龍造寺隆信こそ、後に家を復興させて「肥前の熊」と呼ばれるようになる人物なのです。