今鎮西の暗殺・裏話

さて吉川家を乗っ取るためにと言うと聞こえは悪いですが、前当主であった吉川興経を謀略でもって打ち取ることに成功した毛利元就。

興経は武勇の誉れ高い武人ではあったものの、その性格には難が有り、日和見で動くことが多くあちらこちらと場合によって着く味方を決める人物でありました。その上譜代の家臣たちを冷遇し、自身の気に入った新参者たちを寵愛していたのでついには家臣からも見放され、元就の息子吉川元春を新当主に迎え入れられて強制的に隠居させられただけでなく、最期は元就の策謀の元戦国の世に散りました。

その最期は前回までに語ってきたと同じく、部下たちに裏切られ、騙し討ちで打ち取られてしまいました。裏切りを重ねてきた人物には、それ相応の最期しか待ってなかったというとどこか物悲しいものがあります。

これはその興経の最期の最後の話です。興経は打ち取られ、首を取られました。しかし興経が普段から可愛がっていた白い犬が飛び出してきて、主の首を咥えて逃げたのです。主の首を抱えて逃げた犬はその後、逃げおおせた先でその首の傍を離れず、果に餓死をして亡くなりました。今もその犬と、首塚が残っています。

裏切り続け、裏切られた吉川興経。彼にもまた、最期を共にしてくれる存在が確かにいたのです。

今鎮西の暗殺・後

それでも興経は簡単には諦めません。潰された刃の刀を振り回しながら寄せてくる数十人の敵を刀で殴り倒していきます。しかし多勢に無勢、後ろから腰を矢で射られてしまいました。

ここで明石という侍女が矢を抜こうとしたのを見た興経は「後ろに抜くんじゃない。前へ押し抜け」と命じました。 明石が矢をつかみ前へ押すと、矢先が腹を突き破ったので自ら鏃をつかみ前へ引き抜きました。なんか明石さんも十分に思い切りがいいと思うのは私だけでしょうか?

「お前はうちの家来どもより頼もしいな。お前のことはあの世でも忘れないぞ」

興経は明石をそう褒めると、またも戦い続けて天野隆重までたどり着きました。彼を組み伏せたものの周辺の討手に引き剥がされ、ついに首を挙げられました。 嫡男の千法師も殺され、藤原南家吉川氏はここに滅亡します。

一方、先に言った豊島内蔵丞も暗殺されるところを何とか毛利家より脱出。毛利の警戒線を突破して帰還したのだが、彼は主の最期には間に合いませんでした。豊島は腹を十文字に掻き切り、その場に介錯する者がいなかったので自ら喉を押し切って自害したといいます。

しかし壮絶な最後ですね。途中の発言といい、何だか中国の覇王・項羽を思い起こします。ともあれ吉川興経を排除し、その後は吉川家は元就の次男・元春によって統治されていくのでした。

今鎮西の暗殺・中

しかし迎え撃とうとした興経、ある事に気がつきます。興経の側近で、近隣にその名の聞こえた勇将豊島内蔵丞興信が見当たりません。

「そういえば元就が『興経殿の持ってる三原っていう名刀見せて欲しいな!大事なものだから豊島くんに持ってこさせてね!』と言っていたから昨日元就の所へ使いにやったんだった

要は元就に図られたのです。恐らく豊島はもう殺されてることでしょう。しかしだからといって臆する興経ではありません。討手を自慢の弓で迎え撃とうとしました、が、なんと弓の弦が全部切られているではありませんか。実はこちらも既に元就に抱き込まれた部下が、事前に弓を使えなくしていたのでした。

「これほど運つきざれば、われ今、人手にかかることあらじ、天、われを亡ぼせり、人を恨むべからず」

こんなについていないなんて、さては天が俺を滅ぼそうとしているのだろう、そう大笑いして興経は右手に三尺五寸の青江の刀、左手に二尺八寸の盛家の刀を振りかざします。ここで大笑いできるあたり、性格に多少難有りといえどさすがは豪傑です。

興経は広縁の端に立って、討手が押し寄せてくるのを迎え打とうとしました。しかし元就も念には念を入れたのか、ここまで行けば執念とばかりに刀は全て刃が潰されていました。

今鎮西の暗殺・前

毛利元就の次男・吉川元春が吉川家に養子にいった経緯は話しましたね。今回はそれにより当主の座を追われた前吉川当主・吉川興経の話です。この話もさりげに元就の策謀が光ります。

安芸北部から石見南部に勢力を張った吉川興経は、「鬼吉川」と称された曽祖父吉川経基の再来とまで言われた剛勇無双の武人でした。特にその強弓は伝説の鎮西八郎為朝に匹敵するとして「今鎮西」と呼ばれていた程であったといいます。

しかしその一方で武将としては無節操で、大内・尼子の間で日和見、離反を繰り返していました。戦国の地方豪族には珍しくない話なのですが、親戚の毛利元就と違って興経の場合には深慮遠謀というものはありませんでした。また新参の部下を可愛がる一方で父親の代からの家臣たちは退けるなどをしていたこともあり、その場次第の無節操さはついに家臣からも見放され、吉川家は元就に乗っ取られてしまいます。

元就は次男の元春を養子に入れた後、興経は本拠から引き離して隠居させます。しかし興経はこれを不満に思ったのか、何やら画策を始めました。このままでは元春を安心して吉川へはやれません。

殺すしかない、元就はそう決断しました。

ついに興経暗殺命令が下ります。しかし興経は無双。元就は慎重に策を練ります。

天文19年9月27日未明、熊谷信直(元春の舅です)と天野隆重の手勢300騎が興経の館を急襲!興経はこれを迎え撃ちます。

元就、一度目の隠居と吉川家へののっとり画策

愛妻・妙玖夫人を亡くした元就は隠居を決意。嫡男・隆元に毛利家の当主の座を譲ります。しかしこの時の隠居は形式だけのようなものであり、自分を毛利・吉川・小早川の上に立ついわゆる「大御所」として位上げしたようなものであったと言われています。この後も隠居とは仮のもので、毛利家の実権は元就自身が握っていたようです。

さて元就はここで妻・妙玖の実家である吉川家へ次男・元春を送り込みます。

当時吉川家当主だった吉川興経は新参の家臣団を重用していたために吉川経世ら一族や重鎮と対立が激しく、家中の統制ができなくなっていました。そこで反興経派は元就に、吉川国経の外孫に当たる次男・元春を吉川氏に養子にしたいと申し出たのです。これを元就は初め元春は子の無かった異母弟・北就勝の養子にする約束があるからと断ったのですが、吉川家の再三の要求に応じて元春を養子に出しました。この時に元就の頭に以後の両川政策があったかは不明です。

一方、吉川家当主の吉川興経は家臣団によって強制的に隠居させられていました。興経は吉川家家臣団との約束で吉川氏の領内に隠居させる予定だったのですが、元就は興経派らの動きを封じるため興経を深川に移しました。それでも興経派への警戒を怠らない元就は、吉川家の当主となった元春をなかなか吉川家の本城へ送ろうとはしませんでした。

 

新着