元就の手紙

吉川夫妻の子供への手紙を紹介したところで、父親の元就から息子たちへ宛てた手紙もご紹介しましょう。

元就の三本の矢の逸話の元ともなった、有名な「三子教訓状」の続きです。

元就は手紙は読んだら返してね派だったようですが、嫡男・隆元はこれを大事なお守りとして持っていて、大事な部分を抜き出して書いたりしていました。しかし父親から「お手紙返してよ!」と再三言われたのか詫び状と一緒に返却しました。それに対する元就の手紙がこちらです。

「去年お届けした書状を、ただいま頂戴しました。本当に私の意見をこのように真剣に考えて頂いて、大切にしていただいた事はこう言うのもなんですが、これほど嬉しい事はありません。あの書状はもう一度お届けしますので、どうかそちらに置いて下さい。あの書状に書いたように、事につけいつも、妙玖の事ばかり考えています。一人になってしまって、内外の事全て、自分一人でしなければならない状態です。隆元、元春、隆景のことは勿論、宍戸に嫁いだ娘にも、色々進言したいことが多いのですが、もう私もくたびれ果ててしまって根気も続かず、こんな時に妙玖がいてくれたらと思うばかりです。本当に語り合える相手も無く、自分の胸に語りかけているような有様です。内は母親が治め、外は父親が治めると言いますが、本当にそのとおりだと思います。余計なことばかり書いてしまいましたが、口で語れるようなことではないのでつい筆に任せて書き連ねてしまいました。大したことではありませんので、暇な時にでも読んでください。あ、それと

この書状は恥ずかしいので、読んだらなるべく早く返却してください。

亡き奥さんとの思い出を息子に語り、手紙の最後にさらに手紙を返してねと念を押すお父さん・元就のお話でした。

しかし長い

死ぬまで渡れない川

さて小早川家を手中に収めた毛利元就、安芸での力を磐石化させて天下に名乗りを上げるのか・・・・そう思われた矢先に、元就を意気消沈させる出来事が立て続けに起こります。

元就最愛の婦人とも言われる糟糠の妻であった妙玖夫人と、実の母のように慕っていた大杉方が相次いでなくなってしまったのです。これには元就も相当応えたようで、妙玖夫人が亡くなった時には髪が真っ白になって49日があけるまで惚けたようになってしまっていたという逸話まである程です。結婚して十数年、戦と戦乱に明け暮れ子供たちは人質や養子に出して心休まる日々がなかった元就にとって、その間ずっと傍にいて支えていてくれた妙玖夫人の存在とは例えようもなく大きなものだったのでしょう。元就はある時、このような歌を詠んでいます。

待えたる かひも涙の ふる雨に 逢せへたつる 天の川浪

待ちに待っていた甲斐もなく涙のように降る雨は二人の出逢いを無情にも隔てる天の川の波のようだ。これは会えなくなった織女と牽牛の二人の悲しみの涙雨なのだろうか。それとも彼らのように離れ離れになった私と妻の二人の悲しみの涙雨なのだろうか。

七夕の日に雨が降ってしまい、妻を思い出して涙を流す元就の姿は謀神のロマンチストな一面を感じさせてくれます。仕方ありませんね、三途の川は天の川と違って死ぬまで渡れることはありませんから・・・

謀神を育てた女性も、支えてくれた女性も失ったことに堪えた元就は隠居を決意します。

毛利元就、飛躍する

弟を誅殺し、尼子家との関係を切って大内家と結んだ毛利元就。

彼はその後も反乱を企てている家臣らを数名処罰するなどして、内政にも力をあ入れて毛利家の体制を盤石化していきます。この最中、人質に出していた長女を失うなど知来時期もありましたが、27歳の時に待望の嫡男であった後の毛利隆元を授かったのでした。その後元就はこの隆元を大内家へ人質に出して、大内家との関係を良好に保つべく奮戦しています。(その後、如何に隆元が大内家で大切にされたかは過去の大内義隆の記事なども参考にして下さい)

その後、元就は隆元と長女の母であり、正室・妙玖夫人との間に五龍局、吉川元春、小早川隆景などの優秀な子供たちを授かりました。因みに妙玖というのは彼女の名前ではなく、法名です。ですので本当の名前は玉か久だったのではと言われていますが、真相は不明です。昔は女性の名が多くの場合は残っていない事が多いのです。

元就と妙玖夫人は当時では珍しくもない政略結婚でしたが、その夫婦仲は非常に良かったものとされています。元就は妙玖夫人の在命時は決して側室を置くことがなく、また子供たちにあてた手紙の端々で亡き妻との思い出を語ったりしています。このような経歴からか、その息子たちもまた、側室をもっていなかったという戦国時代では珍しい家でした。

あの謀神と名高い毛利元就が愛妻家というと、何だか可愛らしく思えてきてしまいますね。