廻城攻防線における少し悲しいお話3

さて、島津家と肝付・伊東家の戦いの最中島津家次男である忠将が討死。家中のみならず父、日新斎の嘆き悲しみは計り知れなかった。しかしその悲しみが大きすぎたのか、ここで余計な不幸を産んでしまう。

「なぜ早急に忠将を助けに行かなかったのか!」

廻城合戦には総大将であった貴久を始め、尚久やの息子の義久など島津家の主な武将達は皆参戦していたのに、忠将を亡くした悲しみと苛立ちを全て尚久にぶつけてしまう。日新斎の言い分は尚久の敵前逃亡とのことだったが、尚久の救援が遅れたのにもちゃんとした理由と言い分があった。尚久の城の南方にあった忠将の陣とは間に深い谷があり、そのせいで進軍が遅れてしまったのである。決して怖気づいたのでもなければ、進軍しなかった訳でもない。

しかし兄を失った悲しみと、父親に敵前逃亡したと罵られた事に心に大きな傷を負ったのか、尚久はこの事を深く気に病み、翌年に病にかかり32歳という若さで急死してしまう。尚久の家臣も主の急死に涙し、殉死者まで出た。ここまで戦の被害が大きくなるとは一体誰が予測していたであろうか。

その後1568年。島津日新斎は長寿を全うする。77歳まで生きたので、当時としては長生きをした方であるだろう。だが忠将、尚久の息子二人に先立たれた悲しみは非常に深かったと言われている。

廻城攻防戦における、少し寂しく悲しい話である。

廻城攻防線における少し悲しい話2

1561年。島津家と友好を築いていた肝付家との争いが始まる。事の発端は酒の席で酔った島津家の家臣が肝付家の家紋にある鶴の吸い物が食いたいと言い出した事だが、実際にはそれ以前からお互いに鬱憤が溜まっていたのかもしれません。肝付家の友好国である伊東家も加わり、そこにまた・・・と事態は南九州を巻き込んだ戦乱になります。

父・島津日新斎もなんとか昔のような友好を築こうと奔走したがどうする事も出来ず、戦は始まります。この時、次男忠将は忠将は竹原山にて町田久倍ら率いる味方が肝付勢の急襲されたとの報を受け、これを救援するために馬立塁から出陣。この時少勢での救援を心配したのか、家臣達は忠将を諌め、本陣から動かないように進言したが忠将はこれを聞き入れずに出陣。その結果山中に付してあった敵兵の挟撃を受ける事になりました。

後続の味方が駆け付けた時には忠将率いる主従数十人はことごとく討ち死にしていたという。この後、貴久は何とか肝付家を退けるが島津家は敗北してしまいます。

島津忠将・享年42歳。島津家の三州統一が順調に進んでいた最中の、早すぎる死に家中の誰もが衝撃を受け、涙したと言われています。特に忠将に大きな信頼と期待を寄せていた父・日新斎の嘆き悲しみは、計り知れないものであったと思われる。が、ここからが三男・尚久の不幸の始まり。

 

廻城攻防線における、少し悲しい話1

前回までのお話で廻城攻防線・島津家と肝付家の争いの話を書いてきましたね。今回はその中で亡くなった、島津日新斎の息子であり、島津貴久の弟・島津忠将と尚久のお話です。

次男・忠将は貴久の六つ年下、三男・尚久は貴久より十七歳も年下で、貴久の息子・義久より二つ年上だったそうで。尚久は貴久、忠将と母親が違いますので年齢に差が出ているようです。そんな尚久は兄の子である義久・義弘と日新斎のもとで兄弟同然に育てられておりました。

忠将は薩摩大隅の領内統一戦に於いて、ほぼ全てに参戦し、武功を上げた勇将。兄である貴久を良く補佐し、戦では常に最前線に立ち続け、初期の戦国時代における島津家を支えたのは武略に優れた忠将だったとまで言われています。この貴久と忠将の兄弟関係は、後の義久と義弘の関係にも大きく影響を与えているのです。

さて尚久の方はと言うと、こちらも各地を回って統括などと色々働いておりました。甥達と同じ教育を受けているところ、後の島津四兄弟の関係を見ると、異母弟でも兄達との仲は良かったのでしょう。年を取って出来た子ほど可愛いように、日新斎はこの三男をかなり可愛がって育てていたようです。

ですが運命の戦が来てしまいます。

新着