沖田畷の戦い

北九州を支配する勢力になり長らも、自身の非道な振る舞いにより相次ぐ離反者を生んでしまった肥前の熊・龍造寺隆信。娘婿の蒲池鎮並と蒲池家を滅ぼす時に自らの側に離反させた田尻鑑種も果てには離反し、息子である龍造寺政家の嫁の実家、有馬家にも離反された。怒り心頭の隆信、率いた数は五万人。大軍を持って攻め寄せる龍造寺軍に、有馬晴信は島津家に援軍を要請。北のどっかの義の人とは違って自らが忙しいにも拘らず援軍を出してくれた島津義久。その援軍率いるのは島津四兄弟の末弟・軍略の家久!その援軍3000人!

龍造寺軍5000VS島津有馬連合軍3000

ここに沖田畷の戦いが始まります。(因みに畷とは湿地帯の中に伸びた小道の意味です)

この時、島津家は多方面に展開する大友家などの勢力との戦で人員を割けず、家久も満足な数を率いてはいけませんでした。ですがこの軍の中には島津の鬼武蔵(まともな方)新納忠元や伊集院忠棟などの姿もありました。何よりこの時は海の時化が酷く、渡海が難しい事もあって大軍は送れなかったようです。何とか龍造寺軍が到着する前に城に入った島津家、迫るのは圧倒的な大軍。

この時、鍋島直茂が隆信に対して長期持久戦に持ち込んで島津の援軍が撤退するのを待ってから有馬を攻めるように進言しましたが、圧倒的な兵力を率いた隆信はこの進言を聞き入れませんでした。さあ島津家久、この兵力差をいかに覆すのでしょうか?

九州

出陣!軍略の家久

さて話は戻ってそりゃあもう色々と目を覆いたくなるような状態になっている肥前の熊こと龍造寺隆信。自分に刃向う者はことごとく滅ぼす勢いで、離反した有馬晴信討伐の為に総大将自ら軍を率いて出陣しました。その数はなんと5万!(実際は3万から5万だそうです)隆信様、本気で有馬家を滅ぼすおつもりであります。

対して有馬家、このまま成すすべもなく龍造寺家に滅ぼされる訳にはいきません。ここで有馬家が頼ったのが、今や九州を龍造寺家と二分している島津家当主・島津義久です。

しかし有馬家からの救援要請に、はいわかりましたと受けられる状態に島津家はありませんでした。島津家が戦っているのは龍造寺だけではなく、まだ大友家も島津家と覇権を争っている最中。九州の各地に兵を割いて、対峙している状態にあります。援軍として回せる兵も、多くはありません。それに加えて島津家の兵達は島原半島には不慣れ、その地理に詳しくはありませんでした。当初、島津家でも援軍を贈らない方がいいという意見が多数出ます。

しかしそこで当主の義久は「当家を頼ってきたものを見殺しにするのは仁義にかける所業である!」と反対意見をすっぱり黙らせて、有馬家への援軍を出す事を決定。ここで有馬家への援軍3000を率いて向かったのが、島津四兄弟末弟・島津家久。島津日新斎より軍略の家久と謳われた戦上手です。

九州

有馬家の離反

騙し打ちで大恩あった蒲池家を攻め滅ぼした龍造寺隆信。この非道な振る舞いは家臣達の心を離し、龍造寺家を更なる崩壊へと進ませていく事になります。この話は瞬く間に広まっていき、豪族達の離反を生みました。

そして次なる離反者は龍造寺家に従属していた長崎・島原半島を拠点とする大名家・有馬家です。この時の当主、有馬晴信は隆信と縁戚関係にありました。実の娘すら滅ぼした隆信です、この時の隆信は親類縁者からも恐怖される存在であったのかもしれません。もしくは、親類縁者の方がその恐ろしさを熟知していたのやも・・・。

ともあれ、龍造寺家から離反した有馬家。隆信は当然ながらこれに大激怒、すぐさま兵を派遣して有馬家を滅ぼそうとします。この時、討伐を命令されたのは龍造寺政家。隆信の息子です。ですが政家は積極的に攻撃を行おうとしません。何故なら政家の妻は有馬家の娘でした。ですがそんな事は隆信には関係ない。不甲斐ない息子には任せておけないとばかりに、自ら大軍を率いて有馬家攻撃に乗り出します。

この出陣を聞いた鍋島直茂は必死に隆信を止めようとしますが、もはやその忠言も聞きいられませんでした。こうして隆信は5万にも及ぶ大軍勢を率いて出陣します。

九州