十万石の首

今回は小牧長久手の戦いでとある活躍をした徳川の武将、榊原康政のお話です。

榊原康政は小牧・長久手の戦いの際に戦場のあちこちにとある文章を書いた立て看板を設置して回った。ここにはとても達筆でこう書かれていた。

「それ羽柴筑前は野人の子。馬前の従卒。君恩忘れた悪逆の徒なり」

織田信長の子である織田信雄と戦う秀吉、主家である織田家を乗っ取った事を誹っての言葉である。だがこんな悪口を達筆で書かれた日には秀吉は大激怒した。激怒した秀吉は将を集めこう言い渡した。

「榊原康政の首を上げた者に十万石を与える!」

こうして榊原康政の首には十万石の値段がついたのである。かなりのお値段である。

因みにその後、徳川と羽柴は講和を結ぶ事になって小牧長久手の戦いは終結する。その際に家康のとりなしもあって、康政は秀吉に許される事になった。そして秀吉に勧められて館林城主になる事になる。

この館林城主となった康政の石高は十万石であった。

達筆で悪口を書きまくり、その悪口を言った相手のおかげで見事十万石を手に入れる事になった康政のお話。正に芸が身を助けたというか、世の中何がどうなって幸運が舞い込んでくるかは分からない、というお話です。でも皆さんは人の悪口を書くのはやめましょうね。事実でも罪に問われちゃいますからね。

新着

徳川・池田森激突!

池田恒興、森長可の隊に徳川本体が後方より出現したことが伝わり、緊張が走ります。両将は大慌てで退却を開始するも、家康は堀秀政の隊に敗れた榊原康政の隊を組みこんで陣を構えました。

徳川は右翼に家康3300。左翼に井伊直政3000。そして織田信雄勢3000。

対する池田隊右翼に池田元助・池田輝政4000.左翼に森勢、後方恒興で喘合計9000。

数の上だけで言うと両隊はこの時、ほぼ互角と言っていい状態です。

ですがこの時徳川の陣は高所に陣を構え、斜面に鉄砲隊を三段構えに配置対する池田勢は湿地に陣を構えての戦いと、不利な状態になってしまいました。戦場において重要なのは地の利です。池田隊は完全にその地の利を奪われた状態で徳川勢との戦いを余儀なくされてしまったのです。両隊の激突は死闘をくり返し、一進一退の状況で二時間にも及ぶ時間の戦いとなったと記されています。

所で鉄砲の三段構えと言うと何かを思い出しませんか?そう、織田信長の長篠の戦い、武田騎馬軍への攻撃もまた、鉄砲三段構えでした。因みに元織田家の重鎮である池田家、森家共に鉄砲の名手が多かったとも言われています。そう考えるとこの戦い、何か因縁めいたものを感じてしまいますね。

さてこの戦い、とある人物により一気に戦況が動きます。

 

新着

岩崎城の戦い

 

さて、お互いに動きを悟られぬように息をひそめながらの戦が始まります。

徳川家康は羽柴秀次勢が篠木・上条城周辺に2泊ほど宿営していた頃に、近隣の農民や有名な忍び集団・ご存知伊賀衆らから情報を得て、秀次らの動きを察知。翌日に小幡城へと入ります。その夜には素早く陣立てを取り決め、夜が明ける間もなく榊原康政ら諸将に秀次陣へ追撃を行わせます。これに合わせて家康、信雄も出陣!士気を上げる事も忘れていません。

この日、池田恒興勢が丹羽氏重らが守護していた岩崎城へ攻撃を開始します。氏重らは懸命に闘うも、落城して玉砕してしまいました。これが岩崎城の戦いです。この氏重の兄である丹羽氏次は、榊原康政らと共に秀次らの追撃を行う軍に同行していました。

しかしこの岩崎城攻め、実は池田恒興が敵の挑発に乗ってやってしまったものという通説になっています。氏重勢は池田勢に挑発として銃撃をしかけたのですが、これに恒興大激怒。なんと奇襲中だという事を完全に忘れて、岩崎城攻略を行ったとされています。

そして羽柴軍は休息して進軍を待ちますが、その背後に徳川軍が迫っている事を知らないのでありました。

いやはや、しかし大事な戦の最中に別の城を落そうというのはある意味死亡フラグだと、この頃から分かってたんですねぇ。

さて、背後に迫る徳川陣。彼らはどうなるのでしょうか。

新着