渡辺家のその後、

さて色々な余波を生んでしまった異母弟誅殺事件での首謀者の一人で、元就直々に誅殺された渡辺勝という人物がいましたね。彼の誅殺後、渡辺家は一体どうなったのでしょうか?

実は彼の息子であった渡辺通は生き延びて、その後毛利家に仕えていたのでした。そして時は流れて天文十二年、西暦1543年。大内義隆と尼子晴久の戦い、月山冨田城の戦いが起きました。

以前にも話しました通りこの戦は大内勢の敗北となり、もちろん大内軍の一員として戦っていた毛利元就もまた、敗走の憂き目に会いました。何とか撤退を試みる元就は軍を率いながら逃走し、出雲と石見の国境、大江坂七曲という場所まで逃げたところでついに尼子軍に追いつかれてしまいました。もはやこれまでか、そう元就が思った時、一人の過信が進み出て言いました。

「私が尼子軍をひきつけます!その隙にお逃げください!」

そう言うと家臣は元就の甲冑を自らが着込み、元就の馬に乗って尼子軍へ突撃をかけていきました。元就の身代わりとしてーーーー。

元就はその隙に戦場を脱出し、生き延びる事が出来ましたが、元就の身代わりとなって尼子勢に突撃した家臣は壮絶な討死をしたと言います。

その家臣の名こそが渡辺通。父親を元就に誅殺された彼は、自身の命を元就に捧げて尽くしたのです。

もう一つの誅殺

さて前回元就が毛利宗家を相続した直後、弟である相合元網を擁立し、反逆しようとした一派を先手を打って殲滅したという事件について話しました。その手引きをした人物、もしくは尼子の画策に乗ってしまい元網を担ぎ上げた人物の一人に渡辺勝という人物がいます。彼についての誅殺は一般的には「所用と言って郡山城に呼び出しておいて刺客に集団で襲わせた」といわれていますが、これには異説が残っています。

元網粛清の後、家臣たちに動揺が広がりました。無関係な家臣たちもそうですが、この企てに乗っていた渡辺はもしや自分も、と思っていたところに元就から呼び出しがかかりました。しかし行くと元就は機嫌よく渡辺を迎え入れ、内密の話があるので裏庭へ・・・と誘います。元就が警戒せず二人きりになったこと、重要なお役目の話だったことで渡辺は自分の企ては露呈していないのでは、と思ってしまいました。

「では以上、よろしく頼むぞ」

「はい、承りました。時に殿、弟御や坂殿へのあまりに苛烈な処分に家中では動揺が広まっております。ご一族や累代の重臣に対しては、慈悲のお心を持つことが大事ではないでしょうか」

暗に自分を許せと言っているようなものですが、そこで元就、苦笑いをしながら立ち上がって近づくと

「どの口がふざけたことを抜かすか!貴様らが元網を担ぎ上げねばあのようなことなどしなくてもよかったのだ!」

と、渡辺の髻と頸をつかんで持ち上げ、城の裏手の高所から投げ落として粉々にしてしまっといいます。人が粉々になるってどんだけだ・・・もしや落ちる前から粉々だったのでは

こんな逸話もあるように、元就の悲しみは凄まじいものがあったのでしょうね。余計な横やりが無ければ、もしかしたらいつまでも仲の良い兄弟でいられたかもしれませんので。

今義経

間者として働く勝一に、元網たちの企みは全て元就に筒抜けにされていました。そうとは知らない元綱一派、ついに事を起こそうと動き始めます。そこで元綱は決起前の夜宴で平家物語の弾き語りをするよう勝一に依頼します。

もちろん元綱とて無能ではありません。勝一に謀反も決起も明かしては居ませんが、急に行われる夜宴に元綱一派の決起が近いのを察した勝一は元就にこの事を通報しました。事ここに至っては弟を討つも止むなしと決意した元就は夜宴の最中の襲撃を決定、合図などを決めると勝一を再度船山城へ送り出します。

夜宴当日、元綱の居館船山城を志道広良率いる300の兵が急襲しました。勝一の弾き語りが佳境となった時を見計らって兵達が突入、元綱はじめ30人ほどがその場で討ち取られ、勝一から元綱の同調人として名の挙がっていた坂広秀や渡辺通らも後日討たれたといます。

異母兄弟でありながらも仲が良く、自分のために尽くしてくれていた弟を討たなければなかった元就の悲しみは深いものであり、弟の死を悼むとともに出家していたもう一人の弟を還俗させて自身の傍に置いています。

そして元就はこの事件の背後に尼子経久の策謀が有った事を知り、尼子と決別することを決意し、以後は大内側に付くようになったのでした。

確かに今義経、土壇場で兄を裏切るようになってしまった行動が悲しくも似通ってしまったのですね。戦国の世は珍しくもない話ですが、今の世で見ると何とも痛ましい気分になってしまいます。

骨肉の争い

1523年。鏡山城合戦の直後に毛利家当主の毛利幸松丸が逝去しました。これにより毛利家の当主は不在になり、毛利家は混乱していました。しかし重臣らの推挙で幸松丸の後見人をしており、叔父であった毛利元就が毛利家家督を継ぐことになりました。しかし、これにいい顔をしない人物がいます。毛利家にとって主家にあたる尼子家の当主・謀聖と呼ばれた男、尼子経久です。彼は元就が油断ならない人物と見抜いており、何とか別の人物を毛利家の当主にすべく動きます。

尼子経久の画策により、亀井秀綱が毛利家の家督相続に介入し始めました。秀綱は毛利家臣の坂広秀・渡辺勝らと共に、元就の異母弟で優秀と名高かった相合元綱を担ぎ上げて元就への反乱を企てます。奇しくも元網にも元就の毛利相続にどこかで不満があったのでしょう。元綱は数名の有力な家臣と結託し、尼子や石見の高橋家と結んで元就に対する謀反を企図しはじめます。

それを察した元就は琵琶法師・勝一を元綱の元に「話し相手」として送り出しました。話し上手・琵琶上手の勝一は盲目の為警戒されずに元綱の居館・船山城に出入りし、元綱の謀反の計画を探り元就に伝える間諜としての役目を見事果たしていったのでした。