今義経

間者として働く勝一に、元網たちの企みは全て元就に筒抜けにされていました。そうとは知らない元綱一派、ついに事を起こそうと動き始めます。そこで元綱は決起前の夜宴で平家物語の弾き語りをするよう勝一に依頼します。

もちろん元綱とて無能ではありません。勝一に謀反も決起も明かしては居ませんが、急に行われる夜宴に元綱一派の決起が近いのを察した勝一は元就にこの事を通報しました。事ここに至っては弟を討つも止むなしと決意した元就は夜宴の最中の襲撃を決定、合図などを決めると勝一を再度船山城へ送り出します。

夜宴当日、元綱の居館船山城を志道広良率いる300の兵が急襲しました。勝一の弾き語りが佳境となった時を見計らって兵達が突入、元綱はじめ30人ほどがその場で討ち取られ、勝一から元綱の同調人として名の挙がっていた坂広秀や渡辺通らも後日討たれたといます。

異母兄弟でありながらも仲が良く、自分のために尽くしてくれていた弟を討たなければなかった元就の悲しみは深いものであり、弟の死を悼むとともに出家していたもう一人の弟を還俗させて自身の傍に置いています。

そして元就はこの事件の背後に尼子経久の策謀が有った事を知り、尼子と決別することを決意し、以後は大内側に付くようになったのでした。

確かに今義経、土壇場で兄を裏切るようになってしまった行動が悲しくも似通ってしまったのですね。戦国の世は珍しくもない話ですが、今の世で見ると何とも痛ましい気分になってしまいます。

骨肉の争い

1523年。鏡山城合戦の直後に毛利家当主の毛利幸松丸が逝去しました。これにより毛利家の当主は不在になり、毛利家は混乱していました。しかし重臣らの推挙で幸松丸の後見人をしており、叔父であった毛利元就が毛利家家督を継ぐことになりました。しかし、これにいい顔をしない人物がいます。毛利家にとって主家にあたる尼子家の当主・謀聖と呼ばれた男、尼子経久です。彼は元就が油断ならない人物と見抜いており、何とか別の人物を毛利家の当主にすべく動きます。

尼子経久の画策により、亀井秀綱が毛利家の家督相続に介入し始めました。秀綱は毛利家臣の坂広秀・渡辺勝らと共に、元就の異母弟で優秀と名高かった相合元綱を担ぎ上げて元就への反乱を企てます。奇しくも元網にも元就の毛利相続にどこかで不満があったのでしょう。元綱は数名の有力な家臣と結託し、尼子や石見の高橋家と結んで元就に対する謀反を企図しはじめます。

それを察した元就は琵琶法師・勝一を元綱の元に「話し相手」として送り出しました。話し上手・琵琶上手の勝一は盲目の為警戒されずに元綱の居館・船山城に出入りし、元綱の謀反の計画を探り元就に伝える間諜としての役目を見事果たしていったのでした。

 

元就の当主就任

さて何度か書きましたが毛利元就は次男であり、家を継ぐ立場ではありませんでした。ですが兄の子であり、当主であった甥の毛利幸松丸が九歳という早さで死去してしまったので、毛利家は後継ぎがいなくなってしまったのです。元就は分家の人間とはいえど、毛利家の直系男子。家督継承の最有力者でありました。家督を継ぐどころか成長するまでにも色々な苦労があった元就ですが、多くの戦でその才覚を見せつけたことも周囲を納得させられる材料となったのではないかと思われます。

しかしだからといって何のもめ事もなく円満に元就が後を継ぐことになったわけでもないのです。毛利家内でも家督継承については色々揉めたらしく、この元就の家督相続に際して、重臣達による「元就を当主として認める」という連署状が作成されています。毛利と言えば今ではすぐ名が出てきそうな毛利元就ですが、実際には色々な苦労を経てその座に就いたのです。

さてここで一人の人物を紹介しましょう。彼の名は相合元網。元就の異母弟です。彼は元就と共に有田中井手合戦で初陣し、元就に劣らぬ武勇を示して「今義経」とも称えられた毛利一門の若きエースです。今義経ってほめている名前か?と問いかけたくなるがそれはまぁおいておきましょう。

元就と元網は母親こそ違う兄弟ですが、とても仲が良かったそうです。そう、元就が毛利家を継ぐまでは・・・・。

新着