相良義陽の友誼

 

相良義陽、甲斐宗運両名は決戦の地へと向かいます。場所は肥後響野、此処に義陽は着陣します。ですがここ響野は四方が開けた守りにくい土地で有名でした。宗運は義陽が響野に着陣したという報告に「義陽の陣法と思えぬ、間違えではないか」と狼狽しました。ですがこの報告が真実だと知った宗運は、その義陽の覚悟もまた悟ったのでしょう。

「相良の命運も尽きた。自ら死地を選んだとしか思えぬ」

そう天を仰いで涙したと言われています。友誼も信義も貫いたまま家を守ろうとした盟友の覚悟を、宗運も悟ったのでしょう。その後、宗運は義陽の陣を奇襲。この時義陽は家臣の撤退の進言を断り、床几に腰掛けて団扇を握りしめたまま、刀を抜くことも無く討ち死にしました。この時宗運は「相良を失い阿蘇家も3年うちに滅亡するだろう」と語ったと言われています。そして義陽に従い出陣した相良勢もまた、半数余りが討ち死にするありさまでした。

しかしこの相良勢の戦いは島津義久の心を打ち、相良氏の城は島津より変換され、義陽の息子は相良家を無事に相続。島津家の家臣として相良家のお家の存続はなりました。一方で宗運はこの二年後病死。その言葉通り阿蘇家も急速に衰退して島津家に滅ぼされてしまいました。

こうして島津家は九州の南半分を支配する大勢力となったのです。

九州

相良義陽の決意

相良家当主・相良義陽は島津家に降伏します。しかしそれ故に親友・甲斐宗運が仕える阿蘇家と戦わなければならなくなります。早雲はともに不可侵の誓いを出した盟友であり親友、ですが島津家に従わなければ相良家は滅ぼされてしまうでしょう。

苦悩した義陽は悲痛な決意をして戦に臨みます。それは出陣し、盟友・甲斐宗運に討たれるというものでした。出陣の前に義陽は白木妙神社に向かいます。そして収めてあった宗運との不可侵の誓紙を焼き捨てて詫びると、神官に祝詞を上げさせました。

「今度の出陣は拠所なき儀にて、子孫長久の為に討ち死にをしにいくものである。どうか我が子孫が後世栄えますように・・・」

そして阿蘇方の堅志田城、甲佐城を攻略し宗運との決戦へと向かいました。

さて一方で甲斐宗運ですが、こちらは最初盟友である相良義陽の出陣を信じなかったそうです。ですが堅志田城からの報告でその報が真実であると悟ります。そして甲斐宗運はこのように述べました。

「これまでは阿蘇家が安泰だったのはひとえに義陽が島津を防いでいてくれたからである。だが敵同士となった今では、誓紙を破ることは是非もない。神罰により相良・阿蘇両家とも滅亡し、九州はやがて島津のものになるであろう。」

そして宗運もまた阿蘇神社の誓紙を神池に沈めさせて出陣します。ですが宗運が戦場で見たのは、信じられない光景でした。

九州

相良義陽の苦悩

さて島津家に降伏した相良義陽ですが、彼には盟友がいました。同じく肥後の大名家である阿蘇家の宿老・甲斐宗運です。

甲斐宗運と相良義陽は同じく大友方として父親の代から親交を深めてきた盟友であり、お互いいに阿蘇良にある阿蘇神社と相良領内にある白木妙神社に不可侵の誓いを収めあった親友でもありました。その二人の状況は大友家が耳川で島津家に敗れた事で急変します。島津家に相良家は降伏し、次に島津家が戦う相手は阿蘇家とです。そして島津家に降伏した相良家ももちろんそれに従います。相良義陽は親友・甲斐宗運と戦う事になってしまったのです。

遂に島津家当主・島津義久から阿蘇領への出陣命令が相良家に下されました。これにより義陽は決断をしなければなりません。即ち、誓紙の誓いを破って信義、友情を反故にして親友である宗運と戦うのか。それとも義久に逆らって、代々続いてきた相良氏の家を滅ぼすのか。義陽は激しく苦悩した事でしょう。

そうして出した義陽の答え。戦国大名として相良家の当主として、そして甲斐宗運の親友として出した答えは、阿蘇家と戦い、盟友である甲斐宗運に討たれる、というものでした。こうして義陽は決意を胸に戦へと赴きます。

九州

再び荒れる九州

耳川の戦いで島津家に敗北し、有力な家臣を失って弱体化してしまった大友家。再び大友家の下にあった小勢力達は大友家に反抗し始め、和平を結んでいた龍造寺家は再び大友家へ進行し始めます。(まぁ以前からじわじわしていたけど)

ここで出てくるのが肥後南部の相良家と、肥後中部の阿蘇家です。この二つは大友家に従属しており、大友家から支援を受けて独立して家を維持していた大名家でした。特に相良家は、以前の記事にもある通りかつて肝付家、伊東家と協力して島津家に対抗していた家です。肝付・伊東家が島津家との戦いで滅亡した後は大友家の傘下に入る事で、島津家から攻撃される事無く家を守っていたのですね。

しかし、その大友家は耳川の戦いで島津家に敗北し、その力は弱まってきています。要するに次なる島津家のターゲットは言うまでも無くこの相良家となる訳です。耳川の戦いの翌年、早くも島津家は相良家へ攻撃を開始します。

当初は何とか島津の侵攻を防いだ相良家ですが、その後、当主の相良義陽はこれ以上の抵抗は出来ないと判断したのか降伏を決意、息子達を人質へ送り、島津家に降伏します。こうして島津家の勢力は肥後へと伸びていきます。

さて降伏した相良家ですが、その後、思いもよらない窮地に立たされます。

九州