有田中井手の戦いまでの経緯

今回は有田中井手の戦いに至るまでの経緯から見ていきましょう。

それは1508年の事。大内義興は足利義植を奉じて上洛軍を起こし、武田元繁もこれに従って上洛しました。一方、在京していた若狭武田氏当主であった武田元信は、足利義澄との密接な関係を維持していました。この辺りから、既に嫌な予感が漂っていますが…これ以後、安芸武田氏は若狭武田氏から完全に独立することとなります。上洛した義興は義稙を将軍職に復帰させると、自身も管領代として京都に留まったのは皆さんご存知ですね。元繁もこれに従い駐留を続けていましたが、大内氏当主と主力が不在の安芸国では厳島神主家で後継者を巡って内輪もめが発生していました。

これに不安を感じた義興は、1515年にこの内部の乱れ鎮圧のために元繁を帰国させることを決定しました。しかし義興もまた元繁に不安を感じていたのかもしれません。この時義興は、養女としていた権大納言飛鳥井雅俊の娘を元繁に嫁がせています。おそらく、元繁の離反を防ぐためだったのでしょう。

しかし不安は的中、元繁は帰国後すぐに妻を離縁して、尼子経久の弟・尼子久幸の娘を妻として大内氏に反旗を翻します。元繁が尼子方から支援を受けたのも、こんな経緯があってこそなのです。

 

新着

中国地方の項羽

さて前回名前が出た武田元繁について説明していきましょう。その前に、中国の有名な武人である覇王・項羽をご存知ですか?項羽と劉邦でも有名なあの項羽は、智勇に優れた武将でありながらややカリスマ性に欠けたという評価を受けています。しかしその智勇の優れ方は並大抵のものではなく、「覇王」と呼ばれた所以のある人物です。

そして武田元繁もまた、この項羽に並ぶ人物という評価を受けています。(中国地方と中国大陸の違いがありますが…)

その元繁は武田元網の子であり、父・元網は安芸の守護代的立場であり、佐東郡・山県郡・安南郡を治めていました。

1493年、明応の政変が起きて管領・細川政元により室町幕府10代将軍・足利義植が追放され、新しい将軍として足利義澄が擁立されました。京都を逐われた義植は数年間の流浪の後大内義興を頼って山口に下向。この混乱に乗じて義興は武田領へ侵攻を開始したのです。さらに悪い事は重なるもので、1499年には家臣だった温品国親が離反して武田家中は大混乱となりました。毛利氏の支援等も受けた武田家臣の熊谷膳直の働きで国親の反乱は鎮圧されたものの、安芸武田氏はその後、大内氏に服属を余儀なくされました。武田家もまた、苦渋の判断を強いられたのでしょう。

その後1505年に父・元綱が病死した後、元繁は後を継ぎました。この経緯を見ると、元繁はいつか大内氏から独立を果たそうと思っていたのかもしれませんね。