高橋鑑種の離反の真相・・・

さて、前回前々回と名前が出てきています、高橋鑑種。兄・一万田親実が大友宗麟によって妻を奪われた上にでっち上げの罪を着せられ事を恨んで、大友家より離反した武将ですね。

これだけ書くと大友宗麟が畜生以下かなり酷いですが、一応補足とフォローもしておきましょうか。実はこの離反、以前から兆候があった模様です。大友家内でも高橋鑑種はいずれ背くのでは、と言われていたようですね。そしてそれを裏で手引きしていたのはあの毛利家だったと言われています・・・。

まぁ、間違いなくきっかけは宗麟の兄への女房泥棒とでっち上げの罪きせて殺害のでしょうが・・・ここはフォローできませんね。すいません。

そして大友宗麟と言えばキリシタン大名として有名ですが、大友宗麟がキリシタンを振興し始めたのはこの頃だと言われています。キリシタン色欲駄目なんじゃ・・・

大友宗麟もこの頃精神的に弱ってたのでしょうし、キリスト教に救いを求めたのかもしれません。ですがまたそれが原因でいくつものトラブルが起きて、家臣団に不和と諍いが起きるようになっていきます。多くの諸勢力が大友家から離反した事にも、このキリスト教信仰による二次災害が多いようです。宗教はほどほどに、ということでしょうか・・・。

いやはや、色々難しいですね・・・。

九州

毛利「またきちゃった♪」

さて、家臣の妻を力づくで奪った上にその家臣にでっち上げの罪をきせて殺してしまった大友宗麟。もちろんそんなことしたら手痛いしっぺ返しがきます。この世は因果応報なのです。というか出家してるんだから色欲は慎めというものです。

さて兄を殺された恨みから家臣の高橋鑑種が大友家から離反。独立宣言をします。その上この酷く外聞の悪い事実が知れ渡ったのか前々からタイミングをはかっていたのか既にいくつかの家からは見切りをつけられていたのか、それとも全部でスリーアウトチェンジ状態なのか北九州の諸勢力も次々大友家から離反。その上以前大友家に壊滅させられていた秋月家もこの機会に挙兵。そして

毛利「来ちゃった♪」

大友「かえれ」

大友家に敗北した秋月家は毛利家を頼っていました。そして挙兵に合わせて毛利家に援軍を要請します。まだまだ北九州を手中に置く事を諦めていなかった毛利家。これ幸いとばかりに再びやって来ました。ええ確か毛利家と大友家は和睦を結んでいた筈ですが、そんな事は些細な問題です。歴史に詳しい方なら分かるでしょう。和睦にも約束にも指切りにも効果なんかないのです。しょせんその場しのぎです。

こうして再び北九州は動乱に巻き込まれていくのでした・・・。

九州