大内末子のアレに関わるお話

さて今回の話は戦国の世では珍しくも無く、幼い子供が命を落とす話ではありますが・・・それ以上に何だか身体の一部が縮みあがりそうなそうでもないようなお話ですのでご注意下され。

天文20年・1551年に、陶晴賢が謀反を起こして大内義隆が自刃しました。以前にも書いた大内家の滅亡である戦である、大寧寺の乱です。さてこの時、義隆の嫡男の義尊も捕らえられて殺されましたが、末子であった歓寿丸は幼いので女装して山中にかくまわれていた為に無事でした。そう言えば黒田官兵衛の息子・松寿丸も女装させられて竹中半兵衛の元に愛人として匿われていた、なんて話もありますが、まぁ逸話でしょう。結構体格がよさそうな松寿丸が女の子の格好させられていたというのは眉唾もののような気もします。

話を戻して歓寿丸は、翌年の春に不幸にも陶兵に見つかってしまいました。この時陶兵は歓寿丸を殺すと、男児の証拠にとアレを切り取って持ち去ったそうです。・・・・・。

・・・・その後、歓寿丸を憐れんだ里の者達は「麻羅観音」という杜を建てて歓寿丸の霊を祭り、今の時代にも残っているその杜は今では子宝祈願スポット・○○○スポットととして人々に愛されていると言います。

その扱いは本当に憐れんでいるのか、とは言わない約束です。

「武士に逃げるという事はない」

今回は賤ヶ岳の戦いでも少し語った、官兵衛のピンチの頃に起こったお話をしましょう。

秀吉軍の出城に破竹の勢いで襲いかかる佐久間軍。その勢いに最前線の砦を守っていた官兵衛も覚悟を決め、重臣の栗山利安を呼びます。そして15歳になる息子・長政を連れて逃げるように命じました。利安もまた最期までお伴したいと願い出て官兵衛の命を聞こうとしなかったが、官兵衛の懸命の説得にて長政を抱えて泣く泣く砦を脱出しました。だが連れ出された長政は砦から一里ばかり離れたところで何かおかしさに気付いたのか、 利安に尋ねました。

「利安、我らはこんなに急いでどこに向かう?」

長政は嘗て竹中半兵衛に連れられ、信長から落ち伸びた過去があります。この時も事態が尋常ではない事を察したのかもしれません。若君の言葉に、利安も本当の事を話してしまいます。驚いた長政は今すぐ砦に戻ると言い出しましたが、これを利安は必至で説得しようとしました。だが長政はきっぱりと言い切りました。

「子が父を見捨てて逃げ、どの面下げて生き延びるのだ!それに 『武士に逃げるという事はない』と教えてくれたのは父上だ!!」

長政は馬を蹴りたて、砦に駆け戻ります。その後ろを感涙しながら利安も後に続きました。

「あぁ、あの方こそ間違いなく、官兵衛様のご子息であらせられる」

その後、 黒田親子は秀吉の大返しまで必死に砦を守り抜き、後の大大名に家を繋げていく事になります。しかしこの家族でも争う戦国の世の中ですが、黒田親子は本当に仲がいいですね。

黒田官兵衛、黒田長政

さて、官兵衛が幽閉されていた荒木村重の元より救出されたと前の記事で書きましたね。このころから官兵衛は「黒田官兵衛」を名乗り始めます。元々主君の小寺家より頂いた名字である「小寺官兵衛」を名乗っていましたが、この時小寺家もまた織田信長によって討伐されていたためです。この際、嘗ての主君小寺政職は毛利家を頼って落ちのびていますが、結果的に官兵衛は織田家に残った形になったのですね。彼のその後は、また別の記事で。

ともあれ官兵衛は姓を黒田に改め、その後信長から1万石を与えられて正式な織田家の家臣となって迎え入れられました。こんな風に戦国時代は良く名前が変わります。

因みに松寿丸も無事元服して、長政と名前を改めます。この長政の長の字ですが、織田信長から一文字賜った、という説があります。織田信長は当時影響力の強い人物でしたので、浅井長政や森長可らも長の字を信長より賜って名前を付けています。(浅井長政は元は浅井賢政という名前でした)

このように成人してからも戦国時代では名前が良く変わりますので、難しくて面白いですね。

では次回は官兵衛の元主君小寺政職がどのような人物で、その後どうなったかを少し書いていきたいので、よろしくお願いします。

人質・松寿丸

さて父親がうっかり捕まってしまった事から生命のピンチになった息子・松寿丸。

彼を救いだしたのは、竹中半兵衛その人でした。

 

おそらく半兵衛は、官兵衛が裏切る筈がないと信じていたのでしょうか。彼は官兵衛の息子の松寿丸を助け出し、石田三成父親の石田正継の元に匿ってもらったのです。官兵衛の幽閉期間は一年間にも及ぶ長いものであったので、その間隠し通したという事はあの織田信長を朝向きとおしたという事、正直驚きを隠せません。

因みに一説には病死した子供の首を信長に送って欺いたという説も…。

いやはや、竹中半兵衛という人物はイメージに反して豪胆な人物ですね。何が彼をそこまでさせたのか。官兵衛との友情か、はたまた幼い松寿丸を可哀想に思ったか、それとも信長への挑戦だったのか…半兵衛の真意は、分かりません。

そして匿われた松寿丸は、そこで半兵衛の息子の左京らと仲良くなります。これが後の竹中の家を救う事になる事は、果たして半兵衛の眼は見抜いていたのか。

松寿丸は匿われた先で半兵衛に具足初めの祝いを取り行われ、その際に 半兵衛自身から祝いの羽織を贈られたという逸話もあります。幽閉され匿われと忙しい松寿丸ですが、この時の松寿丸にとっては半兵衛は命の恩人であり、父親代わりだったのかもしれませんね。

さて幽閉された官兵衛が助け出されるまで一年。時代は進みます。

うっかりネゴシエーター黒田官兵衛

さて謀反を起こした荒木村重の元に空気を読まずに単身向かった黒田官兵衛ですが、謀反を思いとどまるよう説得するも逆に捕まって幽閉されてしまいます。ネゴシエーターの意味ねぇ

そんな官兵衛が捕まってしまったという事態は多大なる方向に影響を及ぼします。

何せ官兵衛が捕まった事を知っているのは捕らえた荒木方と、捕らえられた官兵衛のみ。

その他の面から見れば「謀反を起こした荒木村重の元に向かったっきり、黒田官兵衛は帰ってこない」です。こりゃ言い訳しがたい現状。隠居して余生を過ごしていた官兵衛の父親も復帰して対応に大騒ぎ。この際に黒田家家臣の一人後藤又兵衛は伯父が荒木方についてしまい、身の置き所が無くなり、黒田家を出る羽目になるというとばっちりを受けています。

しかし最大のとばっちりを受けたのは織田に人質として送られている息子の松寿丸です。信長は官兵衛の事を聞くと激怒して、人質の松寿丸を殺すように命令をしました。黒田家としても阻止したい所ですが、今の現状からすると家事態がピンチなので申し開きも出来ない状態。当の官兵衛は裏切ってはいないものの監禁中。これはどうしようもならない。

さてこの松寿丸ですが、彼が後に黒田長政となるにはこんな所で死んでいる筈がありません。彼が如何にしてこの危機を潜り抜けたかは、次回紹介しましょう。

 

嫡男誕生

さて光との結婚一年後に、待望の嫡男を官兵衛は授かります。

幼名・松寿丸。のちの福岡藩初代藩主となる黒田長政その人です。

四国の勇、毛利元就も幼名が松寿丸だからかぶってる

 

黒田官兵衛が希代の天才軍師であった事は言うまでもない事ですが、黒田長政もまた名武将に育っていきます。そして後の黒田家を反映させたのは黒田長政その人の判断合ってこそ、とも言えるでしょう。父親にボロクソ言われてるけど

そんな長政、松寿丸の誕生に黒田家はもとより官兵衛自身も喜びわき立った事でしょうが、実は黒田家と主家小寺家はこの時、周囲の勢力に囲まれてピンチに陥っていきます。

西に毛利、東に織田。正にピンチ。身の振り方によっては明日をも知れない状態になっていくかもしれない状況。どちらにつくかを選ばねば待っているのは滅亡ですが、つく方を選び間違ってもほろびかねないのが戦国時代。厳しい!

後にこの判断ミスで小寺政職はエライ目に会うのはなーいしょ

さてこのピンチに小寺家はどんな選択をするのか?そして黒田官兵衛こと我らがクロカンは如何にして立ちはだかっていくのか!歴史好きなら知っているでしょうがまて次回!

でもまてよ官兵衛この時小寺官兵衛だったからコカンじゃ